「GKスクール」開講について

GKスクールの開講について

⭐⭐日程が決まりました!!⭐️⭐️

第6回:12月1日土曜日 19:00ー20:30 大野小学校ナイター
(今年はこれが最後の活動となります)

第7回:1月に2回開催予定です。決まり次第掲載します。

現在参加された数 延25人
参加された学年 年長〜高校2年生
所属チーム:アクート/芳泉高校/岡山セゾン/宇野FC/吉備FC/ソルテソロジュニア/浦安FC/ルキオラFC/ガマダラFC/平井FC/大元FC/Jフィールド岡山/岡大付属

H30.7.24

<背景・経緯>

◎ GKの育成という課題

2018FIFAワールド杯における日本代表の活躍は、多くの国民・サポーターに勇気と感動を与えました。その一方で、「GKの育成」という課題を浮き彫りにした大会でもありました。

GKは従来からのゴールを守ることに加え、11人目のフィールドプレーヤーとして「攻撃の起点」を作る重要な役割を求められてから久しくなりました。しかし、GKに対する要求やその重要性がより高まったにも関わらず、多くの選手は専門的な指導を受けることができていません。公立の学校でサッカーをする選手において、この傾向は、より顕著に見られることでしょう。

現在のJリーグでは、海外出身のGKを主力とするチームが増えています。日本人GKは海外出身の選手に取って代わられつつあります。こうしたことからも、日本はよいGKが育ちにくい環境なのかもしれません。

岡山においては、地元で育ち、プロのGKとなった選手が、四半世紀近く輩出されていないのが現状です。

 

<検討・課題>

◎ GKスクールの必要性

よいGKが育つためには以下の条件(環境)が必要と考えます。

〇 専門的な指導を受けることができること

〇 教え込むのではなく、選手の能力を引き出すこと

〇 選手間の競争及び交流を促すこと

 

こうした環境整備のためには、経験者による指導や他の選手から刺激を受ける場として、GKスクールの開講が必要です。その創設により実現が期待されることは以下の通りです。

〇 技術面、精神面における選手の成長(リーダー性、協調性等の養成)

〇 異なるチーム・世代間での交流の促進

〇 岡山ひいては日本のサッカーのレベルアップ

<その他>

◎ スクール概要

★ 対象学年

小学4年~高校生3年生

★ 他のクラブやスクールと兼用できます。

(選手育成が目的のスクールです。チーム登録や選手登録はしません。)

★ 日時・場所

隔週土曜日(予定)19:00~20:30(90分)

岡山市立大野小学校グラウンド

★ 会費

1回につき500円 (入会金なし)
⭕初回体験、無料

★ その他

スポーツ保険への加入が必須。

(原則、各自で加入。必要に応じてご相談ください。)

◎ スケジュール・段取り

H30.7月下旬~8月上旬 HPで公開

H30.9月  ~     大野小 ナイター

H31.4月  ~     岡山ドーム横グラウンド ナイター

⭐⭐日程が決まりました⭐⭐

第6回:12月1日土曜日 19:00ー20:30 大野小学校ナイター
(今年はこれが最後の活動となります)

第7回:1月に2回開催予定です。決まり次第掲載します。

<年代別に目指す姿>

◎ ジュニア【初歩】

→GKの基本的なことを学ぶ。GKの楽しさに気づく。

◎ ジュニアユース【育成】

→基本的なことに加え、より専門的な技術やゲームで必要な要素の習得を促す。ゲームに積極的に参加し、責任感を持つよう促す。

両手、両足を使ってプレーすることを徹底する。

サッカーに対する理解を深める。

◎ ユース【強化】

→専門性を高めつつ、各々の長所を生かしたプレーをできるよう促す。

ゲームのコントロール・リーダー性の発揮を促す。

自身と他の選手のプレーを分析し、自ら改善することができる。

問い合わせ先
秋田稔
08041969574
nagasime37@gmail.com

参照

https://coachunited.jp/column/000495.html