2021年1月9日(土曜) GKスクール 第50回

1月9日 GKスクール(第50回目)

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

本年もよろしくお願いいたします。

新年最初の開催ということに加え、極寒の中でのトレーニングとなりましたので、キャッチングなどの技術的なトレーニングの前に、鬼ごっごやボール回しでしっかりと体を温めました。

まずはボールを使わないものから始めて、徐々にボールを使うメニューに切り替えることで体を慣らしていきます。

それから、キャッチングやローリングの練習に移りますが、まずはボールの正面に入れているか、キャッチングの手の形が作れているかを確認していきます。

手の形を意識しようとして忘れがちになりますが、ボールの勢いを吸収するために少し腕を前に伸ばして処理するように意識できているかもポイントです。

これらのポイントを意識しながら、胸の高さ、腰の高さ、ゴロの3種類のセットでしっかり練習してほしいところです。

コーチはサイドステップをメニューに入れてトレーニングしていましたが、小学生の年代のうちは、ボールが飛んでくる直前にきちんと動きを止めて反応できるように準備し、基本的なキャッチングの形でボールを捕るようにした方がよいかもしれませんね。

正面のキャッチングができるようになってきたら、ローリングでもボールをしっかりと処理できるはずです。

次にゲームですが、フィールドでプレーするときに、タッチ数を減らすように取り組んでみましょう。

少ない回数でプレーするためには、先に周りの情報を集めることが必要です。

ボールが来てから考えると相手の選手に詰められるので、2パターンでもよいので、次の動きを予想しながら自分の出番に備えましょう。両足でプレーできるとなおよいですね。

さて、その翌々日は全国高校サッカー選手権大会の決勝戦が放送されました。

山梨学院高校の熊倉選手がPK戦で相手のキックを見事セーブし、チームを優勝に導きましたね。

報道ではPKストップにスポットが当たっているようですが、青森山田高校が放った24本のシュート以外にも、ハイボールの処理や裏への飛び出しで、相当数のチャンスを未然に防いでいました。

後半13分頃のシュートも、シュートを打たれる瞬間に万全のポジショニングとで見事にストップしていましたね。

次回ですが、1月23日に開催予定です。2月は中旬の開催で考えておりますので、アクートのカレンダーでのご確認をお願いいたします。

アクート岡山公式YouTubeチャンネル開設!!

アクート岡山サッカークラブ代表の秋田です。

アクート岡山公式YouTubeチャンネルを開設しました。

ジュニア、ジュニアユース、ユース、個サッカー、GKスクールなどなど・・・

活動様子や試合様子をアップしていこうと思います。

ホームページからチャンネル登録、お願いします。

 

時代は中高一貫へ

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

新年お喜び申し上げます。
今年もよろしくお願いします。

アクート岡山サッカークラブは2005年からスタートして、2021年3月で16年が経過します。

17年目の今年となりますが、引き続き、さらなる高みを目指して、スタッフ一同頑張っていこうと思います。

さて、高校サッカー選手権がベスト8まで出そろっていますが、以下の記事があったので紹介します。

https://mbp-japan.com/okayama/search/area:33/genre:2:2099/

中高一貫で取り組むチームが上位に来るような時代になっています。

岡山県もそういう私立高校が増えつつあります。

県立高校ではなかなかそういうことが右から左にできないので、

そうなると高校サッカーは私立に行くか、街クラブのアクートに来るか、という時代になりそうですね。

本来、欧州のサッカー先進国では、街クラブやプロクラブがその役割をになっています。

アクートのユース(高校生部門)は、創部10年がすぎ、岡山県の街クラブでは、アクートしかなく、中四国でも3チームしかない中で、時代を作っていっています。

今年は中3のジュニアユース所属の選手が例年になく、多くの人数がそのままユースへと上がりそうです。

そうなると、阿吽の呼吸が継承されていくので、足の速さより、阿吽の呼吸は速いので、強豪ユースチームへの幕開けとなる予感がします。

ジュニアユースにも新1年生の体験が相次いでいます。

楽しく、うまく、強くなる。

ここ数年、ようやく結果へと結びつきつつあり、上位チームにも対等に戦える力をつけてきています。

ジュニアはスクールですが、若いコーチを増やして、育成に取り組んでいます。
所属は少年団で、練習はアクートで、をお勧めします。

強いジュニアのチームに集まってしまうと、試合に出場する機会が減り、多くの選手の育成の妨げになると思います。

チームが強いか弱いかはどうでもよく、試合に出場することが大事です。
試合に出やすいチームで試合に出て、練習はクラブでというのが、良い形ではないかと思います。

そして社会人チーム。

2021年4月の開幕に向けて準備していましたが、なかなか選手が集まらず、時期尚早ということで、1年見送りました。

2022年の4月には、地域リーグからスタートしたいと思います。

木曜ナイターの個サッカーは引き続き活動しますので、ぜひ、そこで体力、技術、戦術を磨き、社会人チームの一員となっていただければ嬉しいです。

コロナ禍で大変な時期ですが、2021年もクラブのさらなる成長をとげる1年にしていきたいです。

今年もよろしくお願いします。

2020年12月19日 GKスクール(第49回)

12月19日GKスクール(第49回目)

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

まずは、今年のトレーニングも無事に終えることができ、ホッとしております。

4月には新型コロナウイルスの感染拡大により当スクールも休暇を余儀なくされましたが、再開してから徐々に参加人数も増えてきました。

また、新たにコーチも迎え入れ、指導環境もより充実してきたように思います。

今回は事前に欠席等の連絡があり、少人数でのトレーニングでしたので、コーチを入れ替えながらのマンツーマン指導を実施しました。

小林コーチからも話があったように、基礎的なトレーニングにしっかりと取り組んでもらいたいのですが、自分だけでは気がつかないことがあるかもしれません。

時々、マンツーマンで指導を受ける機会があれば、新たな気づきがあるかもしれない、その点で今回はよい機会だったのではないかと思います。

練習を続けるなかで、それぞれの選手に個性が出てきたように思います。

伸びてきているという事でしょうからトレーニングを継続していきましょう。

さて、新年の予定ですが、1/9と1/23に開催予定ですので、コーチ陣共々お待ちしております。

よい年末年始をお過ごしください。

(参考)小林コーチがわかりやすい動画を教えてもらいました。時間がある人は視聴してみましょう。
https://m.youtube.com/watch?v=TM5OT04G6x8

2020年12月12日(土) GKスクール(48回)

12月12日 GKスクール(第48回目)

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

12月に入りましたので、この1年間の復習・締めくくりのメニューに取り組んでいます。

内容ですが、小学生はボールタッチから始め、シュートストップ、ボールコントロールなどの幅広いメニューを小林コーチに組んでもらいました。

中学生は体験の選手を迎えてのトレーニングです。まずはボールタッチで体を温めてから、基礎やビルドアップ、クロスボールの処理をメニューに組み込みました。

ビルドアップの練習には守備の選手を入れてトレーニングしたい気持ちもあるものの、まずは基本的な型を覚えるために、守備の選手はつけていません。

次は状況に応じて判断していく要素を入れていきたいと思っています。

ゲームですが、まずはコートを縦に3つのレーンに分割し、それぞれのエリアに入れる選手の数を制限しました。

一人ずつであれば、それぞれのレーンで1対1の局面になりますので、状況は比較的単純(相手とフリーマンの確認)であったと思います。

次に、隣のレーンまで選手が入れるようにルールを変更しました。

すると、マークが外れたり、別の選手がフリーになるため、状況判断の要素が入ってきます。

また、フリーマンを入っているので、必ず誰かがフリーになります。

少ない人数で守るためにはどのようにすればいいのか(どの順番に守ればゴールを奪われる確率が低くなるのか)、GKが一番に考えていく必要がありますね。

ボールの状況の確認、自分のポジションの修正、マークや逆のサイドの確認など、すべきことがたくさんあるので、少しつずつでもいいので、意識してトレーニングしていきましょう。

次回ですが、予定通り12月19日に開催します。

新年は1月9日と1月23日に開催する方向で調整中です。

余談ですが、アクートのブログによく出てくるビエルサ監督の記事です。

彼が分析する失点のパターンと原因に関する記事です。余裕がある人は読んでみてください。
https://number.bunshun.jp/articles/-/846191

残念ですが・・・中止にします 「2021初蹴り会」

アクート岡山サッカークラブ代表の秋田です。

2021年1月4日(月)に岡山ドームで予定していました「初蹴り会」ですが・・・

新型コロナウィルスの感染拡大が進みつつある現状、

異なるカテゴリーが一同に会すること、

県外からのO Bの参加等をふまえ、

2021年の初蹴り会は中止することとなりました。

コロナ感染が収束し、2022年の初蹴り会は開催できることを願っています。

O Bの方で参加を予定してる方がいらっしゃいましたら、連絡いただけると助かります。

 

2020年11月27日 GKスクール(第47回)

11月27日 GKスクール(第47回目)

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

今回のトレーニングはハイボールの処理を意識した内容も盛り込みました。

特に小学生はまだ慣れていない選手も多いと思います。

コツは小林コーチが丁寧に教えてくれましたので、チームに戻ってからのトレーニングに生かしましょう。

内容は、ハイボールのトレーニングの前に立った状態から(ジャンプしない状態で)2人組で相手の頭にめがけて高いボールを投げ、そのボールを捕るというシンプルなものからスタートしましたが、意識すべきポイントは多かったと思います。

特に、ボールが見えるところでキャッチできているか、落下点に入れているか気を付けたいですね。

小林コーチも話していたように、頭の後ろでキャッチしてしまうと不安定な形になるので、基本を意識してトレーニングを続けるといいですね。

中学生はクロスボールの処理も練習しましたが、小学生は焦らず基本の形を覚えていきたいところです。(もちろん、中学生にもおすすめです。)

中学生チームでは、久しぶりにスクールの卒業生が参加してくれました。

時々顔を出してくれる選手がいるとコーチ陣の励みにもなります。

試合の会場で一緒になった際には、予定を合わせて、スクールに顔を出してみてはいかがでしょうか。

人数が揃うと様々な練習ができたり、トレーニングにも張りが出ると思います。

12月の開催日程ですが12月12日、12月19日を予定しております。

新年のことは追ってご連絡しますので、よろしくお願いいたします。

2020年11月14日(土曜) GKスクール 第46回

11月14日 GKスクール(第46回目)

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

さて、前回に引き続き、基本の確認やボールコントロールを中心にトレーニングしました。

特に小学生はキャッチングの基礎的な部分もメニューに組み込まれていますが、どのようなポイントを意識すればよかったでしょうか。

・動きやすい体勢で構えているか
・ボールの正面に入り、ボールの高さに応じた姿勢になっているか
・キャッチする手はボールを取りやすい位置にあるか、手の形はボールが収まるようにできているか
・衝撃を吸収できているか

実際のゲームになれば、ボールの高さや向き、速さを踏まえて、キャッチすべきボールか、それともパンチングなどで「弾く」べきボールかを判断することになります。

少し昔の記事ではありますが、日本代表GKの川島が教えを受けたとされるイタリアのGKコーチが「「キャッチング」の重要性」と題して解説しているものがあります。

少し難しい言葉も出てきますが、興味がある人は読んでみてください。

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201809210002-spnavi

記事には「私は、育成部門においてはキャッチングがきちんとできるようにならない限り、ディフレクティングやパンチングの技術を教えるべきではないと考えているし、実際にそうしてきた。」とあり、なかなか手厳しいご意見です。

このスクールはそこまでスパルタではありませんが、キャッチできる、できないの違いで勝負が分かれるということですね。

ちなみに、中学生はキックの練習とキャッチの練習を兼ねたメニューも取り入れています。

意図しないボールが飛んでくることもありますが、それもキャッチングの練習になるのであえてそのようにしています。

また、ヘディングやパンチングもトレーニングしましたが、コーチの意図としては、その技術自体の上達に加えて、ハイボールの処理の上達も効果として見込んでいます。

通常、ハイボールの処理は手を使いますので、少し位置がずれていてもごまかせますが、ヘディングの場合はおでこでしっかりとボールをとらえる=落下点に入れているというですので、手の動作をつければハイボールやパンチングは自ずとできるようになると考えています。

次回以降についてですが、11月28日に開催予定です。

12月は未定ですが、12月12日、12月19日で調整中です。11月も後半に入りましたが、暖かい日が続いていますね。

ウェアなどで温度調節ができるように準備をしておきましょう。

2020年10月31日 GKスクール(45回)

10月31日 GKスクール(第45回目)

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

今回は岡山ドームの中でトレーニングしました。いつも中学生を指導してくれている橋本コーチは小林コーチと一緒に小学生を指導してくれました。

また、今後は高校生から田渕君(弟)にもコーチとして指導に加わってもらおうと考えているところです。

季節の変わり目ということで、小学生・中学生ともに足元でのボールコントロールに関するメニューを取り入れました。基本的なメニューではありますが、初めてという人は手こずっていたのでは思われます。

という私も元々は運動自体が苦手な選手でしたので、皆さんを見ながら自分が苦労していた時期を思い出しました(笑)。

ボールを蹴れるようになることが大事ですが、まずは流れの中で、確実にボールを繋げるようになりましょう。

蹴ったボールが浮いてしまうことがありますが、岡山ドームのような人工芝ではしっかりと転がしやすいはずです。

中学生は周りの4人でボールを回しましたが、DFに追い回されるとミスをしてしまうことがあったと思います。

これが試合中に発生していることなので、苦手意識がある人は根気強く取り組んでいきましょう。

このスクールの紹介ページにも書いていますが、GKは様々な技術が求められるポジションになっています。

世界的なGKのランキングでも足元の技術が評価のポイントとして書かれるのを目にする時代です。

基本的な部分はトレーニングをしているかが現れますので、各自チームに戻った際には、フィールドプレーヤーの中に混ざって練習してみてもいいかもしれませんね。

ミニゲームですが、少しづつではあるものの、声を出してフィールドの選手とコニュニケーションを取ろうとしている選手が出てきました。

自信をもって、もっと大きな声でしゃべれるようになるといいですね。

余談ですが、スパイクの履き方について面白い記事がありました。最近、靴がうまくフィットしないという人がいれば、気を付けてみるといいかもしれませんね。
http://blog.livedoor.jp/shoishi0014/archives/10307638.html

次回以降についてですが、11月14日、28日に開催予定です。

寒いので体調に気をつけましょう。