2020年1月18日 GKスクール 第29回

1月18日 GKスクール 第29回

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。
本年もよろしくお願いいたします。

今回も、今年最初の開催ながらたくさんの選手が参加してくれました。

まずは、ウォーミングアップを兼ねて、基本を確認しながらトレーニングしたところです。

そのなかでステップの練習をしましたが、一般には、サイドステップとクロスステップと呼ばれているものがあります。

これらの違いですが、移動のスピードはクロスステップの方が速いので、逆サイドにボールが飛んだりしたときや、頭の上を越されそうになった時に使うことがあります。

サイドステップは移動のスピードがそれほど速くありませんが、すぐに止まって構えることができます。

シュートを打たれそうな状況ではこちらのほうがいいでしょう。3年生・4年生もまずはサイドステップをマスターしていきましょう。

次にシュートストップとポジショニングの確認をしました。最近は、アクートの高校生も斜めからのシュートを受けることで対応力を鍛えているところです。

基本はニアサイドをケアできる位置で構えることと昨年のスクールでお話しましたが、レベルが上がってくると、左右の足でシュートを打ち分けれる選手と遭遇することも増えてきます。

5年生・6年生になったら、相手がシュートを打つ足をよく見て、ポジションを微調整してみましょう。

自分の体の幅の半分だけでも全く違うことに気が付くと思います。

そして残りの30分はミニゲームをしました。久しぶりに来たという選手は、ミニゲームの早いリスタートに少し戸惑ったことでしょう。

ボールだけではなく、周りの選手を見ながら、そして次のプレーを予想するように心がけるといいですね。

さて、次回以降は連続の週にはなりますが、1月25日(土)、2月1日(土)に開催することにしました。

また、元気にお会いしましょう。

(追伸)
19日(日)はジュニアユース(中学生)の入団説明会がありました。当スクールに通う選手で、入団説明会に来れなかったけど、アクートに入りたいという人がいれば、GKスクールの際でも、入団申込書は受け付けておりますので、お声がけいただければと思います。

また、こちらのページからでも、お問い合わせいただけます。お友達でも歓迎しております。

問い合わせ

2019年12月21日 GKスクール 第28回

12月21日 GKスクール 第28回

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

この土曜日は、今年最後のトレーニングということもあり、練習後にも話をしましたが、この12月は、継続して参加している選手が上達していることを感じることができたひと月でした。

年の締めくくりとしてはよかったのではないかと思います。

スクールでの練習を始めたばかりの頃、選手によっては、正面のキャッチングもおぼつかないという場面もよく見られました。

私は、具体的に口を出したくなる(説明したくなる)性分なのですが、そこは我慢して、選手自身が気付くまで待つことにしていました。

それが今では自分から進んで、それも楽しそうにプレーできる選手が増えてきました。

よく見れば、ボールを足元で扱う習慣が身に付き始めたようにも見えます。

日々の取り組みが実を結んでいるのか、不安になる時期もありましたが、最近の様子を見ていてホッとしています。

週末の間にブログの記事を読み直しながら、この1年を振り返ってみました。

ちょうど1年前、昨年の12月は試行錯誤の連続でした。

このスクールの開講当初は基礎的なメニューを中心にしていて、そこに新しいメニューをどう組み込んでいくかという時期でした。

その後、新たなコーチを迎え入れ、会場もドーム横の多目的グラウンドでの開催が増えるなどの変化もありました。

そして、9月には何とか1周年を迎えることができ、現在に至ります。

このスクールを盛り上げてくれているのが、とてもありがたいと感じています。

2019年はあとわずかですが、来年も開催してまいりますので、よろしくお願いいたします。

さて、年明けからは1月18日(土)、2月1日(土)に開催したいと思っております。

また元気にお会いしましょう。

(追伸)
いよいよ、週末から高校生の全国大会が始まります。

田渕コーチ、橋本コーチも選手として参加する予定です。

強い相手、速いクロスボール、強烈なシュート等々に対してどこまで通用するか。

帰ってきてから、楽しかった!と話が聞けるのを楽しみにしています。

2019年12月14日 GKスクール 第27回

12月14日 GKスクール 第27回

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

今回は田渕コーチと橋本コーチが不在であったため、舩越コーチに助っ人で来てもらいました。

せっかくなので、ボールコントロールを中心にトレーニングしてもらったところです。

最初は対面パスでコーンの間を通すところから始めて、次に、パスを受けてからコーンを避けてパスを返すといったメニューでした。

普段とは違う練習で、みんな楽しめているようです。

内容はシンプルですが、ファーストタッチの向きや、しっかりと転がしてパスを出すように意識することが大切でしたね。

3年生・4年生は3タッチ以内、5年生・6年生は2タッチ以内でボールを返せるように普段からトレーニングしておきましょう。

ボールタッチが上手になれば、周りを見る余裕ができるのでプレーの幅が広がるのではないかと思います。

パントキックの練習もしましたが、まずは、下からボールを蹴り上げる方法で、しっかりとボールが蹴れるように練習しておきましょう。

今回も、前回と同様にミニゲームをしました。

リスタートを早くできるよう意識できたでしょうか。

また、ボールを受けてから次のプレーを考えてしまうと、相手に詰められてしまいますね。

人数も少ないので、DFとGKが重なってしまうとパスコースが減ってしまいます。

こういった課題も生まれているので、声を掛け合ったり、工夫しながら上手になりましょう。

さて、次回は12月21日(土)に開催します。年内最後の予定です。

年明けの日程は決まったら連絡します。

2019年11月30日 GKスクール 第26回

11月30日 GKスクール 第26回

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

今回は体験で3人参加してくれました。

なんと、うち2人は小学2年生です。

私が小学生だったことを比べれば、GKというポジションがメジャーになったということの現れでしょう。

さて、2年生~4年生は基礎的なおさらいをしつつ、セービングで倒れながらのキャッチングを練習しました。

田渕コーチも話していましたが、セービングのときには一歩目を出すことが大切でしたね。

5~6年生はステップや数的不利な状況での守備の練習をしました。

前回に続き、実際の試合に近い状況でトレーニングしました。

攻めてくる選手の位置や角度を踏まえて、どんな指示を出したらよいか考えていきましょう。

ミニゲームでは前回のルールを引き続き適用して、リスタートのスピードアップを図りました。

初めて参加した人も、慣れてくれば実際の試合に応用できるので、狙いを理解して取り組みましょう。

余談にはなりますが、翌日12月1日(日曜日)は指導者の研修がありました。

その中で、GKの基本的なテクニックについては、コーチによる関わりも増え、練習環境が向上している傾向にあると言及されていました。

その一方で、クロスに対する守備であったり、リスクマネジメントのためのコーチングなどについてはまだまだ改善の余地があるとの指摘もあったところです。

GKは求められることが増えているポジションではありますが、焦らず、きちんと出来るプレーの種類を増やしていきましょう。

次回は12月14日(土)です。また、元気にお会いしましょう

2019年11月16日 GKスクール 第25回

11月16日 GKスクール 第25回

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。
久しぶりの開催でしたが、体験で5年生が2人も参加してくれました。寒くなってきたので、身体がしっかり温まってからトレーニング開始です。
こちらの印象としては、前回から期間は空いていましたが、その間もしっかりと練習できていたのではないでしょうか。また、小学生のうちはボールを蹴るのが苦手な選手もいるとは思いますが、続けているうちに上手になるので、極力、両足を使うように心がけましましょう。
5~6年生は逆サイドへのパスを取り入れた練習にも取り組んでいました。実際の試合でもそういった場面があるでしょう。ボールが来る前に準備できるかがポイントになりますね。
また、斜めからシュートを打たれるときのポジションも再確認しておきましょう。
さて、ミニゲームでも、リスタートや判断を早くするというテーマを設定しています。そのため、ボールが外に出たら、通常はスローインやCKとなるものでも、すべてGKからプレーを再開することにしました。また、ボールが外に出た際は守備をするチームが一度自陣に戻るというルールも追加しています。このような仕組みにすることで、
・ マークが付く前にボールを出す
・ 守る側はマークを見直す
ことが必要になるので、教えなくとも身につくような環境になっているのではないでしょうか。ボールが来てから、あるいはボールが外に出てから考えていたらパスを出すところがなくなってしまった、ということもよくあるのではないでしょうか。次に何をすればいいかイメージを持ちながらプレーしましょう。

さて、次回は11月30日(土)です。寒いので体調には気をつけてくださいね。

2019年10月19日 GKスクール 第24回

NPO法人アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

日が暮れる時間も早くなりました。寒くなってきたので、体調を崩さないように気を付けたいですね。

さて、この数か月はシュートストップの練習に重点を置いてきました。皆さん自身はどのような変化を感じているでしょうか。

コーチから見れば、セービングなども上手になっている選手がいるように感じます。

それぞれのコーチも、際どいボールを投げることがありますが、反応できる回数が増えたのではないでしょうか。

次のフェーズに移るにあたって、どんなテーマ・メニューにしていこうか考えているところです。

最近は、ミニゲームも練習メニューに取り入れています。少しずつではありますが、声が出る選手が、増えてきたように思います。

ゲームにおいては、
・ 具体的に指示を出すこと
・ DFの裏のスペースもケアできないか考えること
・ ボールを受ける前に次のアイデアをもっておくこと

が大事なのではないかと思います。

3年生~4年生はまだ難しいこともあるかもしれませんが、まずはマネするところから始めてはどうでしょうか。

さて、次回は11月16日(土)です。少し間は空きますが、皆さんがしっかりと練習して、どのくらい上手になっているか、とても楽しみにしています。

2019年10月5日 GKスクール 第23回

アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

今回も岡山ドーム横の多目的広場での開講となりました。

2週間前は大野小での開催を予定していましたが、今後はドーム横での開催が増えると思います。

メニューとしては、前回に引き続き、3年生~4年生は前回に引き続きロングキックやシュートストップを、また、5年生~6年生はセービングなどの練習に取り組み、最後に3年生~6年生の合同でミニゲームも行いました。

今回の練習を見て、改めて意識してほしいと感じた点は以下のとおりです。
・ すぐに動ける体勢(構え)になっているか
・ 反応が遅れても、ボールの正面に入るようにしているか
・ ボールがすり抜けにくいキャッチの形(手足の形)になっているか

これらは以前から話したり、書いていること(基本)ではありますが、慣れてくると、おろそかになる選手もいます。

簡単なボールを処理しているときに意識しているかで、後々大きな差が出てくるのではないでしょうか。

また、ボールは体の前で捕って勢いを吸収することやセービング時に身体が後ろに倒れないように気を付けるなど、チームに戻ってからも思い出しながら練習してほしいポイントはたくさんあります。

あとはゲームでのコーチングです。今回は人数減らし、コートは前回よりも小さめにセッティングしました。

これは、マークをはっきりさてコーチングしやすくするためでした。

ほかの選手のコーチングやビルドアップ、カバーリングをマネしながら上手になっていきましょう。

ちなみに、橋本コーチからサッカーノートを書こうという話がありましたが、できれば、帰ってすぐに書きたいですね。

単純なものを記憶する場合ではありますが、人間は1時間で半分、1日で7割のことは忘れてしまうと言われています。

忘れないうちに書くようにするといいですね。

さて、次回は10月19日です。しっかりと練習してまた2週間後にお会いしましょう。

10月8日(火曜) 本日放送!!18時15分〜

先月、アクートユースが中四国の街クラブの大会で優勝し、
12月につくばで開催されます「タウンクラブ選手権」の全国大会に出場します。

それに伴って少し前に、RSK山陽放送に取材していただきました。

そして、本日の夕方、放送されます!!!

イブニングニュースのスポーツコーナー
https://www.rsk.co.jp/news/evening/

ぜひ、ご覧ください。

良ければSNS等で、シェアしたり、告知していただけると嬉しいです。

伊藤アナウンサー談
皆さんの想いをエリアに届けられるようにします。
選手の皆さんにもお伝えいただけると嬉しいです!
よろしくお願い致します^^
伊藤 正弘

 

第24回:GKスクール 9月21日(土)19時〜岡山ドーム多目的G

9月21日 GKスクール 第22回

NPO法人アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

今回は会場を岡山ドーム横の多目的広場に変更しての開講となりました。体験で二人の選手の参加もありました。

3年生~4年生は基礎的な練習に加え、ボール回し(とりかご)やロングキック、それからシュートストップを、また、5年生~6年生はセービングとクロスボールの処理に重点を置いた内容となりました。

そして、最後に3年生~6年生の合同でミニゲームをしたところです。

細かな部分については、これまでのブログで書いてきたとおりですが、3~4年生はポイントを意識しながらプレーすること、5年生~6年生はステップのスピードを上げてみたり、シュートを打たれる瞬間に準備ができていたかなど、少しづつ「こだわる」ことでプレーの質を高めていきたいですね。

ゲームの中で気が付いた選手もいましたが「ゴールはひとりで守れるか?」というコーチからの問いに対して、「守れない!」という答えが返ってきました。事実そうなので、「じゃあ、どうすればいいか?」というと「声を出す(指示をする)」ことが一つの解決方法でしたね。

相手の選手の攻撃を遅らせる動きや、シュートコースを限定することなど、「誰が何をするのか」まで指示して初めて効果があるのですぐにはできませんが、だから、普段からしっかりと声を出すことが必要です。

指示をすると、DFからは、もっとこんなことを教えてくれといった「注文」があるかもしれないので、修正していけばいいでしょう。

もう一つ、声が聞こえなくても出す必要があるのかとも言われますが、声を出すことで、GK自身の雑念が減り、集中力を高めてくれます。

コーチ自身も調子が悪いときは声が出ていません。調子がいいときは「うるさい(賑やかな)やつ」になっているようです。

さて、次回は10月5日に大野小学校で開催しますので、よろしくお願いします。

また、以下は参考ですが、コーチがこれまで読んできたGKに関する本(その一部)です。

小学生のうちは難しいかもしれませんが、興味があれば読んでみてください。

https://www.amazon.co.jp/ゴールキーパー専門講座-松永成立/dp/4809408930
https://www.taishukan.co.jp/book/b198795.html

第23回 GKスクール 大野小学校ナイター練習

NPO法人アクート岡山サッカークラブ GKコーチの大谷です。

最近は日が暮れるのも早くなり、秋の訪れを感じさせられますね。今回はジュニアユース担当の船越コーチがサポートに入ってくれました。

夏休みも終わり、選手の人数も徐々に戻ってきた印象です。

まずはハイボールの処理について書きたいと思います。

3年生~4年生は落下点に入る意識ができるよう、ヘディングの練習も取り入れました。

落ちてくるボールの処理は空間認知力が必要と言われており、普段からボールがどこに落ちてくるのか意識しながら、練習などに取り組むことはもちろんです。

加えて、体育授業などで野球やバスケットボールすることがあれば、空間認知力を鍛えてくれるでしょう。

特に野球ですが、ボールは小さく、速い、加えて高さもあるのでいい練習になると思います。

また、5年生~6年生は斜めから飛んでくるボールの練習をしておきましょう。特に注意したいのが体の向きでしたね。

相手が来る方を足でブロックすることも覚えておきましょう。そして、大きな声で自分がボールを捕ることを知らせればはっちりですね。

また、前回に引き続き、キックとシュートストップの練習をしました。

5年生くらいになると強い球も蹴れるようになってきます。

苦手な足でもボールを扱うようにしておけば抵抗感も減ってくると思います。引き続き練習しておきましょう。

シュートストップのメニューでは、斜めからのシュートからの1対1でした。斜めからのシュートでは、ニアをしっかりケアすること、反応が遅れても反応することが大事でしたね。

あとはポストと同化しないように気を付けましょう。

そして、1対1では、どのタイミングで詰めるのか、我慢してその場にとどまるのか、経験を積む中で徐々にわかってくるのではないでしょうか。

1対1はGK最大の見せ場なので存在感を示すチャンスですね。

さて、次回は2週間後に開催予定で、日曜日になるかもしれません。

予定が確定したらHPに掲載します。

現在、学校は校舎の改装中で、工事しています。
工事の周りを囲っているポールがあり、それを越えようとして破損するケースが起きています。

学校の備品になるので、破損の場合、保護者の方には、費用をご負担していただかなければならないこともあるかと思いますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。