GOフェスティバル 多目的グラウンド

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年8月1日(土)は、岡山ドーム多目的グラウンドで、GOフェスティバルでした。

対戦チームは、芳田・光南台の合同チーム、一宮高校の1年生チームでした。

今日は、これまでと違い、夏らしいとても暑い1日で、全部で25分の試合を5本やりましたが、選手はバテ気味でした。

一宮高校の1年生には、昨年キャプテンだった古井くんがいます。

すっかり身長も伸びていて、たくましくなっていました。

高校1年生相手に、緊張のある試合ができて、良いトレーニングマッチになりました。

水分がなくなっている選手もいましたので、これからの季節はしっかり水分を持ってくるようにしましょう。

チャレンジリーグU13 灘崎町総合運動公園

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の舩越です。

2020年8月1日(土)は、灘崎町総合公園人工芝でU-13チャレンジリーグが行われました。

対戦相手は、ヴィパルテFC

強豪チームとの対戦が続くチャレンジリーグ。

試合結果は0-8でした。

オープンリーグは灘崎FCと。
結果は0-5。

どちらも公式戦なので試合結果も大事ですが、勝敗同様に試合内容が大事になってきています。

今は、セレクションしているチームの選手との差があるのは当然ですが、1、2年後を考えるとまだまだわかりません。

常にジャイアントキリングを起こす気持ちで試合に臨むことが成長へとつながります。

次のチャレンジリーグは未定ですが、その間に出来る事はたくさんあると思うので各自トレーニングに励みましょう。

熊本遠征 今年は中止決定

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

毎年行っていました、「夏の遠征」。

今年は当初、群馬県の草津の予定でしたが、関東地方の新型コロナウィルスの感染拡大に伴って、熊本の大津町に変更。

しかし、毎日のように、感染が広がっている状況、岡山も連日感染者が出ている状況、熊本での感染者が増えている状況、職場によっては県外に出た家族友人がいたら報告しないといけない状況・・・

今後、おさまる気配のない状況や、もし感染者が出た場合、山陽新聞社杯への参加が難しくなる可能性もあり、中3の皆さんにとっては、最後の遠征なので、なんとかギリギリまで様子を見ていましたが、昨日、今日と、全国1000人を超えてきた状況を踏まえまして、30日(木)の今日、遠征を中止することにしました。

感染状況によって、今後どのような展開になるかわかりませんが、遠征を予定していた期間は、通常練習の予定です。

来週末については、何も決まっていません。
対戦相手がいれば練習試合が入るかもしれません。
未定ですが、予定しておいてください。

感染の収束が早まることを祈るしかない今日この頃です。

今日は、夕方にゲリラ豪雨のような雨が降りましたが、18時30分ごろから練習を開始しました。

新しいグラウンドは、水はけが本当によく、どんなに降ってもドロドロになりにくいので、少々の雨では中止にならないものと思っておいてください。

武器は「メンタル」

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

晴れの国リーグの現在までの結果が出ました。

新型コロナウィルス前の2月の頃の、敗戦と引き分けが痛いですが、その後は負けなしで今まできています。

5月の再開から安定の試合が増え、得点のバリエーション、守備の徹底と連携、システムの常時変換、イメージの共有など、形になりつつあります。

中2の選手が、何人レギュラーに食い込むかが、さらなるチームの進化に影響します。

WOWOWで「クリスティアーノ・ロナウド」が特集されていました。

個人としても、チームとしても、多くの賞を獲得した彼へのインタビューを聞いて、驚いきました。

質問者
「あなたはシュートもヘディングもドリブルもなんでもできますが、あなたの武器はなんですか?」

ロナウド
「メンタルです」

彼を知る多くの関係者への取材でも、小さい時から、向上心を持ち続けて、満足せず、努力し続けていたそうです。

天才であり、努力家である

その努力を支えるのが「メンタル」です。

おそらく彼は、最高の選手になるために、24時間意識しているのだと思います。

あの鍛え上げられた肉体もそう、連戦続きによる故障や怪我を減らすボディメンテナンスもそう、相手の研究も、チームワークも、全てが最高のフットボーラーになるために意識が注がれているのだと思います。

なかなか自分の武器は「メンタルです」なんて言えない。

そういったことをいう選手を聞いたことがない!

上がったり下がったりする意識の波を、いかに高い基準で維持するか、そう簡単ではない。

それを維持できるのが、彼の武器という「メンタル」なのだと思います。

足が遅くても、体が小さくても、リフティングがそこまで上手でなくても、「メンタル」という武器は、磨く価値がありますね。

他人に圧力をかけられるのはプレッシャー

「プレッシャーに強い」のと、「メンタルが強い」のとは違います。
「メンタル」は、管理者が自分なので、なかなか自分で自分をコントロールする自制心がないとできない。

晴れの国リーグ 備前総合運動公園 7月26日

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年7月26日(日)は備前総合運動公園(天然芝)で、晴れの国リーグでした。

対戦相手は、プログレッソ倉敷。

秋に対戦したときに比べ、パワーアップ、ポゼッションが増している相手に、対応までやや時間がかかりました。

徐々にボールを奪うポイントがわかってきてから、攻撃のシーンが増え、増田くんがミドルシュートで先制。

それでも相手の鋭い攻撃もあり、均衡した状態でしたが、終了間際に梅田君がゴールにつめて2点目。

後半、控えの中3の選手を入れて、大倉くんのゴールデ3点目。

中2の来ている選手を全員入れて、4点目を原くんが入れて、4−0で勝利。

パワーもあり、スピードもある相手に、うまく対応して、失点0で抑えて良い試合でした。

次節までしばらく晴れの国リーグの期間が空きますが、8月の山陽新聞社杯の県大会進出にむけて、調整と、成長を重ねていきたいですね。

チャレンジリーグU13 勝央北部運動公園 7月26日

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の舩越です。

2020年7月26日(日)は、勝央北部運動公園にてU-13チャレンジリーグを行ないました。

対戦相手は、Jフィールド津山でした。

前半、相手選手は、能力の高い選手ばかりでハイプレスをかけていましたが個人技でかわされてしまい津山ペースの試合展開に。

相手のミスもあり、チャンスを作りましたが決めることができず0-0のまま後半へ。

このまま行けるかと思いましたが、集中力が切れたのか相手の個人技を止めることが出来ず失点。

悪い流れを断ち切れず失点を重ねてしまいました。

しかし、収穫もある良い試合だったと思います。

守備の意識を高くもつことで、高い位置から攻撃へと繋げれるます。

まずは、守備からいい流れを作れるよう練習していきましょう。

オープンリーグの対戦相手はWILLでした。

ドリブル主体のチーム相手にはハイプレスで球際を厳しく行かないとやられてしまいます。

相手のドリブルを中々止めることができず、相手シュートが味方に当たりコースが変わって失点。

この1失点だけでしたが、ほぼ相手ペース。

1年生の試合に来ている2年生は、最近守備の意識が低く球際が弱い。プレスも緩くインターセプトが狙えていない。

成長が少し止まってきているなと感じました。

自分を変えれるのは自分だけです。

成長へ活かせれるように、自分と向き合いましょう。

チャレンジリーグU13 新見防災 7月24日

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の舩越です。

2020年7月24日(日)は、新見防災公園にてU-13チャレンジリーグを行ないました。

対戦相手は、総社ユナイテッド。

ここ最近ポゼッションサッカーに取り組んでいます。

個の能力があるので、頭を使い周りの状況を確認しポジショニングを変えながらボールを繋ぐ。

今日の試合では開始早々は中々繋ぐことが難しかったですが徐々にポゼッションが出来るようになりスペースへの飛び出しやサイド攻撃などで得点を重ねることが出来ました。

チャレンジリーグでは初勝利を収めることができました。

数多くの保護者の方に来ていただきありがとうございました。

オープンリーグもあり、相手はリベルタ。

少し大柄でスピードのある1年生が多く2年生主体で挑みましたがなす術なく7失点。

2年生は常に競争心・向上心を持って試合に臨んでほしいです。

晴れの国リーグ&練習試合 新見

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年7月23日(木祝)は、新見防災公園で、練習試合と晴れの国リーグの試合のために、全員で大型バスに乗って行きました。

午前中は、防災公園で、新見第一中・新見南中の合同チームと練習試合をしてもらいました。

中2・中1を中心に、朝から夕方までたくさんトレーニングマッチをしました。

ちょうど、天然の芝がグラウンドのそばに広がっていたので、1時間半ほど、試合の合間に練習をしました。

15時から新見防災公園のメイン競技場で、サルトと晴れの国リーグの試合でした。

前半から後半まで決定的チャンスを何度も外しながら、なかなかリードすることができず・・・

終了5分前に大倉くんのクロスを原くんが押し込み、ようやくリード。

1−0で試合は終了しました。

内容は相手の強いところを消しながら、終始試合を展開できたのは、成長でしたが、決定的チャンスをどう生かすか、ゴール前でどう落ち着いてシュートを打てるか、逆にいかに勢いに乗ってゴールを決めるか、課題のあるゴール前です。

7月の口座引き落とし日は28日(火)になります

アクート岡山サッカークラブ代表の秋田です。

口座引き落としの件でのご連絡です。

通常は7月27日(月曜)ですが、4連休がその前にあり、設定の関係で

7月28日(火曜)となります。

お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

 

練習試合 7月18日(土)

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年7月18日(土)は、桑野グラウンドで練習試合をしました。

対戦相手は、福浜中学校です。

1年ぶりの桑野グラウンドで、久々の晴れの天気で、暑い中1日練習試合を行いました。

福浜中学校のスタッフが多く、しっかり練習しているので、簡単な試合はない。

トレーニングマッチとして良い練習になりました。

この日から、ジュニアの小6にいる選手が、中学生の試合に初めて参加しました。

彼は、サッカーの試合自体ほとんど経験なく、それでも中1のなかに入って馴染んでいました。得点もとったようです。

負けると反省材料がたくさん出てきますが、勝つと良いイメージをもてたり、自信を持てたりします。

サッカーノートに気づいたことを記録して、あとで見返した時に、自分の成長を感じれます。

サッカーノートのレベルが、選手のレベルです。

いろいろ書けるように、普段からいろんなことを意識して、取り組みましょう。