ジュニアユースチーム

アクート岡山サッカークラブの『ジュニアユースチーム』です。

アクート岡山のジュニアユースチーム

アクート岡山ジュニアユースをお勧めする理由

1:ジュニアからユースまで一貫した育成
2:地域に根ざした選手の育成
3:勉強との両立
4:個もチームも伸び続ける

1:ジュニアの部からユースまでの一貫指導と環境が良い選手を生み出す

多くのクラブでは、ジュニアの部とジュニアユースの部が別々のクラブ、もしくは別々の活動であるケースが多く、ましてやユースの部とジュニアユースの部が同じ団体であることは珍しい。

ジュニアからユースまで同じ団体というのは、岡山県ではファジアーノ岡山だけで、まれである。

それゆえに、活動時間や活動場所も全く違うケースも少なくありません。

アクート岡山では、岡山ドームと岡山ドーム横の多目的広場を使用しているため、4才~高校生までほぼ同じ環境で、同じ活動時間に活動しているのが特徴です。

ジュニアユースはユースと同じグラウンドで練習しています。

一つ上のカテゴリーの隣で練習や試合をすることは、選手にとっては刺激的でさらなる上を目指す気持ちを高めていきます。

ジュニア〜ユースまで年代を越えて練習することも時々あります。

中3の意欲のある選手は、ユースの高円宮県リーグに高校生に混ざって出場しています。

活動環境と時間がほぼ同じであることは選手の育成において大切なことと考えています。

小さな子は大きな子をみて憧れる。そして伝統は受け継がれていくと考えています。

その伝統はしっかりと受け継がれ、アクートのコーチの多くがアクートの卒業生です。

コーチスタッフは同じ考えを共有し、選手育成のために各年代で必要なことが身につくよう取り組んでいます。

勝利至上主義のような育成はしていません。
選手の将来を見据えて育成しています。

2:地域に根ざした選手の育成

アクート岡山サッカークラブは岡山ドームを中心に活動しています。

送迎をして遠方から選手を集めたりしません。

良い選手をセレクションして集めて、勝利することが育成の目的ではありません。

目の前の試合を勝つことよりも、大事なことがあります。

それはこのクラブで出会った友達や仲間が、その後の人生の支えになっていくことです。

プロ選手を排出することは、第一目標に掲げています。

しかし、プロになるのは狭き門。ほとんどの選手はなれません。

サッカーを通して「良い大人」になることが全員なれることです。

その大人になった選手が帰ってくる場所があり、これから育っていく選手を指導して、サッカーの文化と繋がりは、受け継がれていくと思います。

現在、アクートのコーチはほとんどが、アクート出身者です。

自らが受けたサッカーの楽しさ、面白さ、友達の大切さを次の世代に引き継いでいっています。

創部当初から100年続くクラブを目指して運営しています。

目指すは、100年スペインのリーガ1部から落ちることなく、そしてトップ選手は地方出身者でないと登録できない「純血主義」を貫く、日本版「アスレティック・ビルバオ」です。

3:勉強とサッカーが両立する環境が大事

部活動の良いところは活動時間帯が適正であることです。

しかし、専門的な指導者がいるとは限りませんし、常時指導者が練習に出ている保証もありません。

クラブの良いところは専門的な指導者がいること、常時練習に出て育成に関わっていることです。

しかし、多くのクラブではナイター練習が当たり前で、21時に練習が終わって、夕食そして勉強となると、勉強とサッカーを両立しにくい生活環境になってしまいます。

すべての選手がプロになれるわけではありません。
サッカーも大事ですが人生をより良いものにするためには勉強も欠かせません。

将来を見据えると、どの選手もサッカーと勉強の両立は欠かせない時代です。

ちなみにサッカーが国技になっているような欧州で活躍しているプロサッカー選手でさえ、引退後は100人に一人しかサッカーで収入を得て生活することができないというデータもあります。

日本ではなおさらのことです。それも見通した上でサッカーと勉強の両立は大事なことと考えています。

アクート岡山ジュニアユースの活動時間は、17時30分~19時30分です。
(中学校の終了時間は、16時過ぎがほとんどです。学校行事のある時は遅れての参加もかまいません。柔軟に対応しています)

これは勉強とサッカーの両立には欠かせない時間帯です。

この時間帯にすることは、遠くから選手を集めることも、セレクションを行うこともなく、地域の子供達であればどの子も参加でき、専門的な指導者のもとでサッカーに取り組めることが可能であり、それが理想であると考えています。

また、アクート岡山では週4日の活動も基本の柱です。
月水木の平日3日、土日はどちらか練習試合を組んでいます。
そして、全員が同じだけ試合数をこなすようにA〜Cチームに分かれて試合をします。

また、2018年度からは公式戦に2チームエントリーをして、より多くの選手が公式戦に出れるように取り組んでいます。
部活動での2チームエントリーは顧問の数も必要なので、難しいのが現状です。

世界の国々ではこの年代の練習の頻度は週4日がほとんどです。
たくさんやりすぎたことでこの年代で情熱が燃え尽きてしまい、高校へ進学する時にサッカーをやめてしまう選手もたくさんいます。
あくまで次への育成なので、活動時間や活動日数の選手への配慮は重要な要素と考えています。

4:個もチームも伸び続ける

驚くほど、アクートの選手は3年間で成長していきます。

セレクションをせず、スカウトもしていないのに、上位チームと3年間で互角に戦えるところまで持っていきます。

毎年、部活動の優勝校と練習試合を組みますが、互角以上の試合ができます。

過去の成績を見てもらったらわかりますが、3年に一度は岡山県でベスト4以上に入っています。

「育成もするし、結果も出す」

それはとても難しいことですが、実現しているのがアクートです。

そんな寄せ集めの選手で、どうしてそのような結果がでるのか?

選手もコーチも、サッカーや育成の研究に熱心で、進化・成長していってます。

常に未来のサッカーを見据え、時代の変化に対応し、学び続けています。

体験はいつでも可能です。カレンダーをみて練習のできる準備でお越しください。費用もいりません。
セレクションはありません。どんな方でも入団できます。

月会費 7000円/月
新規入会金 3000円/年(4月) 更新 2000円/年(4月)
年会費 10000円/年(4月)

◯別途でサッカー協会個人登録料1600円/年(4月)をいただきます。

ジュニアユース:入団書類 一覧

ジュニアユースの活動詳細

1:活動場所 岡山ドーム多目的広場(雨天時ドーム中)
  ナイター照明が設備されているグラウンドです。
第1、3、5月曜の夜:大野小学校ナイター練習/18時45分〜20時45分

2:活動時間 17時30分〜19時30分(2019年4月〜)
2019年4月から岡山ドーム東側の新グラウンドで活動します。
それに伴い、活動時間が変更になりました。

3:活動日程 月曜、水曜、木曜、土日(どちらか1日練習試合)
◯海外では4日間は常識 ◯公式戦が入る場合は土日活動
2019年度も、2チームエントリーの予定
(一人でも多く公式戦に出ることが選手の育成につながる)

お問い合わせ先

秋田稔 080-4196-9574
nagasime37@gmail.com

2021年度 新中1 入団選手募集について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小6(小5)の新コース

レベルの高いところでやってみたい!
上のカテゴリーに挑戦したい!
次のカテゴリーになれておきたい!

カテゴリーが上のところでの練習やゲームはとても上達します。
過去にも小5小6から練習に参加して、上達した選手はたくさんいます。
(アクートのスクールに通っている子供は、料金はいりません)
そんな、小6(小5)のみなさんに対象の新コースを開設しました。

週に1度、アクートジュニアユースの練習に参加できます。
時間:17時30分~19時30分
場所:岡山ドーム多目的広場 岡山ドーム中
頻度:週に1回(月水木)のどの曜日でも可能です。
料金:2000円/月(口座引き落とし)
入会金:3000円(保険込み)/更新(年)2000円
体験はいつでも可能です。
予約連絡等必要ありませんでの、試しにご参加ください~。
※回数を増やしたい方は相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女子練習コース設立

女子で「平日だけ練習に参加したい!」という方にコースを設立しました。
時間:17時30分〜19時30分
場所:岡山ドーム多目的広場 / 岡山ドーム中
コース:週1で2000円/週2で4000円/週3で6000円(練習試合の参加も可能)
入会金(保険込み):3000円(継続更新(年)は2000円)
体験はいつでも可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジュニアユースLINE公式アカウント

登録選手・保護者への情報配信サービスです。

 

試合結果
ジュニアユース試合結果

Go!

選手
ジュニアユース選手一覧

Go!

動向
ジュニアユース卒業後の動向

Go!