タウンクラブカップ中国地域予選

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です。

2022年9月3日(土)は、政田サッカー場にてタウンクラブカップ中国地域予選が行われました。

対戦相手は、ブリロ東広島でした。

先週の試合結果でアクートの全国大会出場はありませんが、後期のリーグ戦に向けて大事な試合です。

今日の試合では、先週の試合の反省点や最近の海外サッカーの傾向とアクートを照らし合わせて今までのマンツーマンハイプレスをやめてCBをあまらして前線のプレスラインをセンターサークル付近まで下げてコンパクトを意識。そして中盤やサイドはマンツーマンで厳しいチェックができるように設定。

また、今までとは違い人へのプレスもセカンドボールを拾いにいく人に人数をかけるなどのアクートの持ち味である奪う形を変形しました。

試合当日に形を変えたので上手くハマるか分かりませんでしたが、前半は戦い方への順応に時間がかかり相手に押し込まれていましたが無失点で前半は終えました。

ハーフタイムには、選手達に戦い方がどうなのか確認して後半に入りました。

後半も戦い方を変えることなく挑みました。

前半から、相手からボールを奪う場所が非常によく、最後のフィニッシュで決めることができなかったので形は良かったと思います。

相手も攻撃的にフォーメーションを変えてきて、うちも上手く対応するためにポジションチェンジ。

その結果、GKからのパントキックから杉本くんのサイド突破からドンピシャのクロスボールを大倉くんが決めて1-0。

最後までこの1点を守りきって勝つことができました。

戦い方を変更して勝てたことは次に繋がる良い収穫でした。

今年度は、タウンクラブカップ全国大会には惜しくも出場することが出来ませんでしたが、来年度こそは全国大会に出場できるようにまた1年間チームとしての完成度を上げていきましょう。

いつも応援してくださっている保護者の方々、今後とも選手もサポートをお願いいたします。

 

タウンクラブカップ中国地域予選 

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です。

2022年8月27日(土)は、ツネイシフィールドにてタウンクラブカップ中国地域予選が行われました。

対戦相手は、FCツネイシでした。

先週行われたFCツネイシvsブリロ東広島が1-1の引き分けでしたので今日の試合に負けてしまうと全国大会の出場は無くなってしまいます。

今大会では、ジュニアユースの中3の選手も帯同させており後期のリーグや来年度に向けての経験を積ませたいからです。

コースカット+マンツーマンで前半は挑みました。

ボールを持たれてしまう展開は予想できていたので、どこでボールを奪うか、どう対応するかの前半です。

その中で、前線の数的不利の所から相手CBに持ち込まれて中盤→前線とボールを送り込まれてしまい失点。

その後3分後に、相手陣地の高い位置でボールを奪い中3の増田くんが難しい角度からのシュートを決めて1-1の同点として前半終了。

後半に入り、前線と相手CBの数的優位性、マンツーマンの打開をしてきて押し込まれる展開が非常に長く続いたところで相手選手に正確なシュートを決められ逆転。

10分後にP Kをもらいまたも同点と取られて取っての殴り合いの展開。

流れを変えるためにマンツーマンハイプレスにすれば、個の能力が高い選手の所を上手く使ってきて剥がされ一気に数的不利に。

立て続けに2失点をしてしまい、なんとか1点返しましたが更に失点してしまい万事休す。

結果、3-5で負けてしまいました。

秋田コーチとの試合に勝つときは良い準備が80%〜90%残りは運という話をしました。

コーチがお盆明けからコロナウイルスに感染してしまい試合前々日まで自宅待機で練習に行けれなかったこと、試合当日にユニフォームを忘れた選手とこの試合が始まるまでに良い準備が出来ておらず、それが試合の結果に出たと思います。

来週、ブリロ東広島との試合がまだ残っていますので、全国への道は閉ざされてしまいましたが、良い準備をして勝って今大会を終われるように切り替えて頑張りましょう。

IPUカップ 最終日

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です。

2022年8月11日(木)は、政田サッカー場にてIPUカップ最終日が行われました。

対戦相手は、篠山産業高校でした。

篠山産業高校は、兵庫県の高校です。

このIPUカップは、県外からも多くのチームが参加してきており県外のチームとも試合ができるのがメリットです。

さらに本日は、本田圭佑選手が考えるテクノロジーをスポーツに導入する取り組みを行われている『Knows』さんの体験をさせてもらいました。

小型センサーを、ユニフォームの下に入れて試合中のパフォーマンスを計測してベンチでその選手の運動量や走行距離などを見ることができるものでした。

自分の目で数値化されたデータを見ることで、曖昧だったパフォーマンスに対する選手への発言や捉え方がデータを元にしてアプローチすることが出来るので選手への響き方が違うなと思いました。

また、今回来ていただいたKnowsの担当者さんに、チーム全体でのスプリント回数が100回を超えると試合の勝率が80%以上で、60回以下になると勝率が20%以下になると言う話を聞きました。

サッカーはやはり走る競技なので、相手選手よりも相手チームよりも多く走ることが重要であることを再認識させられました。

アクートも、試合に勝っている時は相手よりもチーム全体が攻守ともに走っていて人数をかけていると思います。

技術が高くなくとも試合に勝っていくには、非常に重要な鍵になりますので運動量を増やせるようにトレーニングしていきましょう。

IPUカップカップ2日目

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です

2022年8月8日(月)は、東岡山工業高校にてIPUカップが行われました。

対戦相手は、東岡山工業高校でした。

東岡山工業は、県2部リーグに所属しています。

アヴァンサール出身の選手が多く、狭いところを崩したり人数をかけて細かいタッチで崩すのが上手いチームです。

昨日の龍谷高校や東岡山工業といった県2部チームの試合ができる機会はあまり無いので非常に良い経験となりました。

平均して相手の方が能力が高いチームをどう攻略していくか、後期の上位リーグでも対策をしないといけないので通用している部分と通用しない部分、対応しないといけない部分を探りながらの試合でした。

高い位置でボールを奪うシーンがなかなか作ることができずカウンターのチャンスがなく、相手に押し込まれてしまい失点を重ねてしまいました。

後期の上位リーグで、上位2チームになると来年度は県2部リーグでの試合になるのでこの2日間貴重な試合となりました。

 

写真を撮り忘れていました。申し訳ありません。

IPUカップ 1日目

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です

2022年8月7日(日)は、みの越グラウンドにてIPUカップが行われました。

対戦相手は、岡山龍谷高校でした。

ユースの人数がギリギリのため遠征の代わりに去年も参加させていただいた環太平洋大学サッカー部が主催するフェスティバルに参加させていただきました。

アクートのOBもIPUサッカー部で、現在2名頑張っています。

寄島カップで得た新しいポジションでの戦い方で挑みました。

前線からのハイプレスを活かすのと、裏返しに蹴ってくる相手への対策をしっかり出来るようにしてフォーメーションを組みました。

今日の試合では、インターセプトが非常に多く、中盤へのパスがカットされることで出すところに迷いが出てるところへのハイプレスがハマり高い位置でボールを奪い素早いカウンターを決めることが多くありました。

インターセプトを狙いにいく相手選手に寄せに行くなどが考えなくても体が勝手に反応することでチームとして強みになります。

そこからのカウンターがアクートの良さだと思うので、奪ってからゴールまでの質を高めていきましょう。

寄島カップ 2日目

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です

2022年7月31日(日)は、寄島中学校にて寄島カップ2日目が行われました。

対戦相手は、倉敷鷲羽高校と林野高校でした

今日に試合では、ポジションを大幅に変更した布陣で1日挑みました。

新しい布陣では、新チームになってから良いプレーが多く見られてポジションを変更した選手の良いところがハマっているように思えました。

しかしながら決定機を決めきれない所が、前期のリーグからの課題でもあり克服することが中々出来ません。

普段の練習からゴールの意識を高く持ってシュートを打つ子をしましょう。

今日の試合の後で熱中症になった選手もいました。

多めに水分やスポーツドリンク、塩分など普段よりも多く持ってきて各自でなるべく対応できるようにしましょう。

体調に変化があれば、無理をしないことも重要です。

 

寄島カップ 1日目

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です

2022年7月30日(土)は、寄島中学校にて寄島カップ1日目がありました。

対戦相手は、玉島高校と笠岡工業高校でした。

4チームのトーナメント形式になっており、順位決定をして2日目は各順位トーナメントでの試合になります。

アクートは前期のリーグ戦が終わり、タウンクラブや後期のリーグに向けて高3の選手がいない新しいチームでの戦い方を模索し挑戦する1日でした。

去年のリーグ戦や前期のリーグ戦に出場していなかっ他選手も多く試合勘の部分で劣ってしまうのが現在のチームの課題です。

1対1の守備強度だけではなく、サンドの速さやボールを奪ってからの攻撃の質だったりと全てが低くなってしまうとチームの武器が何一つ残らなくなってしまいます。

守備強度が落ちてしまい緩くなってしまうとアクートのサッカーができません。

今日のゲームでも30分ゲームで90分走りきれない選手もいました。

サッカーはまず走るスポーツなので体力が少ない選手は各自走ったりして体力をつけましょう。

県チャレンジリーグ vsおかやま山陽B

アクート岡山ユース担当の舩越です

2022年7月17日(日)は、寄島サッカーグラウンドにて県チャレンジリーグが行われました。

対戦相手は、おかやま山陽Bでした。

この試合が前期のチャレンジリーグ最終節で、引き分け以上で後期上位リーグが確定します。

非常に難しい試合の展開でした。

引き分けでもいいと選手に伝えてしまうと、少し緩みが出て勝ち点を逃してしまうので伝えずに勝ち点3を取りに行く姿勢で挑みました。

前半は、うちのペースで試合が進み攻撃のチャンスも多く作っていましたがゴールを決めることが出来ずに0−0で前半を折り返しました。

後半に入り、ペースが相手に傾き始めたところで相手の決定機をGKの田淵くんが3度ファインセーブでチームを助けました。

相手の決定機を防いだ後は、お互いに大きなチャンスを作ることなく0−0で試合終了。

この結果、前期リーグは3勝1敗3分として3位で後期の上位リーグを決めました。

前期リーグでは初戦の試合以外は最小失点での試合で守備の面では非常いい成績でした。

しかしながら攻撃面で、決定機を決めれなかったり攻撃への形がうまく機能しなかったりと攻撃面の課題が多く残りました。

後期の上位リーグでは、2チームが県2部リーグに昇格できるので昇格を目指して攻撃面の修正をしっかりしていきましょう。

 

県チャレンジリーグ vs美作高校

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です

2022年7月10日(日)は、津山陸上競技場にて県チャレンジリーグが行われました。

対戦相手は、美作高校です、

チャレンジリーグ2部から今年上がってきたチームで、県北のいい選手がいるので中々手強いチームです。

順位も2位3位と並んでいるので上位対決でした。

この試合もマンツーマンで挑みマッチングを合わせながらの序盤。

一進一退の攻防の中先制点を挙げたのが、山本礼人くん。

インターセプトから持ち上がりFWの岡村くんとワンツーからゴールを決めした。

今シーズン非常にいい形での得点が出来ており、しっかり攻撃のパターンが生まれてきています。

しかし、守備の面で相手の中盤の選手が攻撃の時にどんどん前に抜け出してくる嫌な形で攻撃をしてくるのでマークを捕まえることが出来ずに失点。

1−1の引き分けで試合を終えました。

この結果で次の試合、引き分け以上で上位リーグ確定となりました。

まだまだ気を抜けない試合となりますが、この緊張感を楽しみながら最終節を有終の美で飾りたいです

フットサル選手権中国大会

アクート岡山ユース担当の舩越です

2022年6月26日(日)は、新見市民体育館にてフットサル選手権中国大会が行われました。

予選リーグが2ブロック3チームの総当たりで行われ1位の同士が決勝戦を行う形になっています。

予選リーグの対戦相手は、広島エフ・ドゥU18、益田東高校でした。

初戦のエフ・ドゥ戦、相手は広島予選を1位で勝ち抜いてきておりフットサルのチームでした。

前半、マンツーマンで挑みつつ相手の戦い方やキーマンをしっかり分析。フットサルコートなのでサンドの意識が高いとすぐさまボール奪還に人数をかけてカウンターに持ち込めていました。

後半になると、前半リードがあったので少し余裕ができ攻撃の崩し方など急造ではありますがなんらかの形を持つことを試すこともしながら相手の良さを上手く消していました。

次の益田東高校戦。島根県の強豪校で野球部が有名です。

3年生中心なのか、ガタイが大きく足元のテクニックもあるのでマンツーマンで挑むも個の能力に差があり封じ込めることができず力の差を見せられました。

しかし、しっかりと相手の選手と闘うことができ非常にいい経験ができたと思います。

試合結果は、1勝1敗として中国選手権でベスト4となりました。

フットサルの練習を今後もう少し取り入れて、全国大会出場目指しましょう。