県リーグ vs備前緑陽高校

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です。

2021年7月18日(日)は、岡山工業高校にて県リーグが行われました。

対戦相手は、備前緑陽高校でした。

勝て後期の上位リーグの可能性がまだあり、負ければ下位リーグが確定となる大事な一戦。

立ち上がりからマンツーマンで前から猛プレス。

敵陣のボールを奪いカウンター炸裂で前半4−1。

後半、メンバーを少し変えて失点した場面の修正をきちんと行い1−0。

2日連続での公式戦となり疲労も少しあったと思いますが、よく戦ったと思います。

次は2週間後の最終節です。勝たなければいけない試合が続きます。

しっかり調整していきましょう。

Bチームは、公式戦後に岡山工業1年生と交流戦。

練習試合が中々行えれてないので、久々の試合だったと思います。

まだまだ不慣れなところが多いと思います。

  1. コミュニケーションをしっかり取っていきましょう

 

県リーグ vs岡山工業A

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です。

2021年7月17日(土)は、備前緑陽高校グラウンドにて県リーグが行われました。

対戦相手は、岡山工業高校Aでした。

この試合に勝つか負けるかで後期の上位リーグ進出が際どくなる1戦でした。

立ち上がりの雰囲気も良く、相手のサッカーをさせない展開の中からペナルティーエリア内でPKを取られてしまし失点。

そこからも決定機を多く作りシュート数も多かったが、得点を上げることが出来ず敗戦してしまいました。

今回、大混戦しているリーグ戦なのでまだまだ上位リーグに行ける可能性があります。

残りは2試合ですが、勝ち切れるように体調を整えて戦いましょう。

県リーグ vs勝山高校&TM vs倉敷高校

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です。

2021年7月11日(日)は、岡山ドーム多目的グラウンドにて県リーグと練習試合が行われました。

リーグ戦の相手は勝山高校でした。

マンツーマンで挑み、前半立ち上がり早々から得点をあげ3得点。

後半、運動量が落ちたところからの判断ミスなどが重なり、2失点しまうハラハラの試合展開となりました。

内容はなにより結果新体制になって初の公式戦勝利を収めることが出来ました。

緊急事態宣言もあり、初勝利まで本当に長く少しほっとしています。

来週は2日続けてのリーグ戦です。

しっかりコンディションを整えましょう。

そして、リーグ戦の後は中3の選手が合流して、倉敷高校と練習試合を行いました。

ドリブルを活かした、選手同士の関わりが上手くスピードもあったので苦戦していました。

マンツーマンの強度をしっかり高めれるようしっかり練習していきましょう。

チャレンジリーグ 3節 vs操山高校

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です。

2021年7月3日(土)は、備前緑陽高校グラウンドにてリーグ戦が行われました。

対戦相手は、操山高校でした。

気温が高く、風も吹いていなかったので蒸し暑い1日でした。

ユースは練習が主にナイターで、活動開始が最近だったのもあり思うように身体が動かせていないように見えました。

今年の夏は、去年よりも暑くなると予想されています。

練習以外のとこでしっかり体力をつけていきましょう。

チャレンジリーグ1部 vs創志B

アクート岡山サッカークラブユース担当の舩越です。

2021年6月26日(土)は、城東高校グラウンドにてチャレンジリーグ1部の試合が行われました。

対戦相手は、創志学園Bでした。

緊急事態宣言が明けてすぐの公式戦となりました。

公式戦まで3日しか練習が出来ていない中での試合で、熱中症や怪我がとても心配でした。

試合は、相手のポゼッションを抑えるための守備シフトを組みロングボールを蹴らせる戦いに持ち込みました。

前半、相手のドリブルが上手い選手を上手く抑えることが出来ず似たような展開で2失点。

後半、ドリブラーを抑える対策を取りしっかり修正して0失点。

攻撃面では、少ないチャンスを決めることが出来ずに得点できず。0−2で試合が終わりました。

強豪チーム相手に戦えたのは自信になったと思います。

次の公式戦に向けて、しっかり体調を整えていきましょう。

サッカーを休んだからといって勉強できるわけではない!

アクート岡山サッカークラブ代表の秋田です。

「中間・期末試験があるので、練習、練習試合を休みます・・・」という連絡をいただきます。

クラブでは、特に禁止していませんので、休むのは自由ですが・・・

中学生を25年以上見続けて思うことは

『そんなことでは変わらない』

そう思っています。

部活動なら毎日休みなく、朝練から夕練までやっているから、わからないでもありませんが、クラブチームは練習の曜日が限られているので、休みやオフもあるので、サッカーが影響しているのではないと思います。

そんな中で、あの静岡学園に挑む進学校の記事は、面白いです。

今年の静岡学園VS清水東の決勝の記事を見てください。

名門のサッカー強化高校:静岡学園

対するは

県内トップ3の偏差値の進学高校:清水東高校

ーーーーーーーー記事を抜粋ーーーーーーーーーーーーーーー
キャプテン:佐野くん

そんな佐野に入学の経緯から話を聞くことができた。

ハンデだと思ったら、自分が望む姿にはなれない

「インハイ決勝(17年度)で静岡学園と激闘を見せた先輩たちに感動しました。それにサッカーか、勉強か、という選択でどちらかを諦めるのはもったいない。両方をとことん頑張るというのも大事なことではないかと思えたので、清水東に決めました」

清水東サッカー部で3年間を過ごした兄の姿も決め手の1つになったという。

しかし、理数科の授業は佐野にとってもハイレベルだった。理数科の先輩たちが途中で勉強にシフトしていく姿も目の当たりにした上、練習にフルに参加できないことで「やっぱり理数科は不利なのか」と思うこともあった。それでも佐野の心は揺らがなかった。

「勉強がハンデだと思った時点で、自分が望む姿にはなれない。どうやったら両方できるかを常に考えて、勉強する時間とトレーニングする時間を捻出し、自分に適した勉強法、トレーニング法を考えながらやっていくようにしたんです」

勉強面では目標である筑波大学進学に向けて着実に知を養い、サッカー面ではフィジカルと戦術眼を向上させる。どちらも諦めなかったことで、チームに攻撃リズムを生み出す必要不可欠な存在にまで成長した。

「理数科のみんなはこの時期から受験に向けてスイッチが入るので、部活を続けづらい空気はあります。でも決勝まで進み、あの試合をできたことで両親や担任の先生、クラスメイトも『最後まで頑張れ』と声をかけてくれた。みんなの想いに応えたいし、絶対にリベンジをしたいと思っています」

ーーーーーーーーー

最後に・・・・

明確な目標設定とやり抜く力

清水東はこの後に行われた東海総体でも決勝に進んだが、またしても静岡学園に1-2で敗れた。選手権予選はなんとしても静岡学園にリベンジを果たしたいが、藤枝東や常葉大橘など、今回のインターハイ予選で清水東に敗れたチームも目の色を変えて襲いかかってくるだろう。選手権出場への難易度はさらに高まっている。

ただ、だからこそ、彼らはやりがいを感じているのかもしれない。全国まであと一歩のところまで来ている。

「周りから『古豪』と言われ続けたことが、逆に僕らを奮い立たせています。復活させたいという想いは日に日に膨らんでいます」(佐野)

「静岡における清水東はやっぱり特別な存在です。清水東は勉強だけじゃないんだぞ、両方しっかりやればできるんだぞということを僕らが示していきたいと思っています」(伊藤)

この志が伝統であり、偉大な先輩たちが積み上げた清水東の財産なのだろう。

明確な目標を立て、それを達成させるために何をすべきかを考え、粘り強く取り組む。勉強においても、部活にしても、それを促す場所が清水東にはある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり、本人のやる気次第でどうにでもなるということです。

強い気持ちと意思があれば、勉強もサッカーも両立することは可能で、本人の意識次第ということです。

令和5年度以降、休日の部活動を段階的に地域移行、知ってました?

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2021年6月24日(木)は、岡山ドーム・多目的広場で通常通り活動しました。

ユースは体験が来ていたせいか、30名ほどが練習に汗を流していて、活気づいています。

まだまだ入団できますので、ユースの部に興味をお持ちの方は、体験にお越しください。

というのも・・・

令和5年度以降、休日の部活動を段階的に地域移行」が決まっています。

3年後の令和5年から徐々に土日の部活動を学校から切り離していき、部活動が担ってきた中学・高校のスポーツ活動を地域へと完全に移行していくというものです。

これからの時代、高校でサッカーを本気でやるなら
①プロの下部組織
②私立高校の強化校
③街クラブ(岡山で唯一のユースを持つ街クラブがアクートです)

という選択になり、公立高校のこれまでの部活動の形は無くなります。

中学校の部活動も同じで、中学校の部活動も地域スポーツへ移行。
中学校で本気でやるなら・・・
①プロの下部組織
②街クラブ
③私立中学高校の強化しているところ

となります。

時代の転換期がやってきています。

ジュニアユースはしばらく公式戦がないので、練習試合・遠征を毎週入れています。

どの選手も2試合は組まれています。
試合に出なければ上達しないので。

山陽新聞社杯が8月の第3週からスタート。

晴れの国リーグの残りの試合も8月後半からスタート。

中1リーグは7月からスタート予定です。

11月に3年連続で出場を決めた「中国選手権」があります。
岡山開催です。

活動再開!!

アクート岡山サッカークラブ代表の秋田です。

2021年6月21日(月)から、活動再開しました。

一ヶ月ぶりの光景は懐かしいです。笑

ジュニアはほぼ全員が参加。

ジュニアユース、ユースもほぼ参加して、汗を流しました。

ジュニアユースは練習と練習試合を通して、これから強化です。

ユースは週末から公式戦が毎週のように行われ、勝たないといけない試合が続きます。

体力は走れば戻ってくるので、しっかり走りましょう。

明日から再開!!

アクート岡山サッカークラブ代表の秋田です。

2021年6月21日(月曜)から、ようやく活動再開です。

岡山ドームも外も中も利用停止は解除となりました。

皆さんの元気な姿、個人トレーニングで成長した姿を楽しみにしています。

<活動に際して>

●マスクは毎回持参ください

●手の消毒を用意していますので、活動前と活動後は必ず消毒をお願いします。

●引き続き、握手での挨拶はなしで、言葉での挨拶となります。

●暑くなります。熱中症予防のために、水分は多めに持参しましょう。

🌟体験の方🌟
ジュニア:活動再開後、すぐに体験できますので、気軽にお越しください。

ジュニアユース:活動再開後、体験・入団できますので、気軽に参加ください。

ユース:活動再開後、体験・入団できますので、気軽に参加ください。

社会人サッカー:11月末までに15人の入団者がそろいましたら、チームとしてエントリーして、来年度は試合に出場します。
入団ご希望の方は、秋田まで連絡ください。

6月21日(月)から活動再開!!

アクート岡山サッカークラブ代表の秋田です。

5月16日(日)より岡山県下全域に出ました「緊急事態宣言」。
6月21日(月)から宣言が解除され、岡山ドームの「利用停止」があける方向です。

自粛期間中、しっかり自主練できたでしょか・・・
欧米では1ヶ月のバカンスの間は、育成期間の選手はサッカーも禁止になっています。
体に負荷がかかっていないので、身長も大きくなったのではと思います。
心身ともにリフレッシュして、これからの良いパフォーマンスを期待しています。

ジュニアユース(中学生)、ユース(高校生)は、活動自粛が明けると、すぐに公式戦が入ってきます。

選手の皆さんは、各自走ったり、トレーニングしたり、ボールを蹴ったりと、自己の向上のため、体力維持強化のために、自主トレーニングを行ってください。

今年はお休みの期間が長かったので、全カテゴリーにおいて、お盆休みはいつもより短縮にするか(3日間ほど)、もしくは活動にしようと思います。

⭐️ジュニアスクール
・6月21日(月)から活動再開
・6月28日(月)引き落としの月謝は半額の3000円にします

⭐️ジュニアユース
・6月21日(月)から活動再開
・6月28日(月)引き落としの月謝は半額の3500円にします
・遠征は現在調整中ですが、お盆の期間に行く可能性もあります。

⭐️ユース
・6月21日(月)から活動再開
・6月28日(月)引き落としの月謝は半額にします(所属年数で金額が違います)
・遠征は現在調整中ですが、8月の中旬予定です。

GKスクール
・6月26日(土曜)19:15〜スタート!!

社会人サッカー&個サッカー
・6月24日(木)から活動再開