ユース2019年10月

アクート岡山SCユース担当の竹原です。
2019年10月6日(日)ですが、練習試合を津山工業高校Gで津山工業と行いました。
この日の練習試合は、チームの一体感がなくなぜかギクシャクしたような感じで、いいところがなかなかでないまま終わった練習試合になりました。
個人でいくらうまい選手がいたとしても、サッカーはチームスポーツですので、one teamになれるかどうかが重要になります。

10月12日(土)ですが、高円宮杯CL2部後期2位グループの開幕戦でしたが、台風19号の影響で広戸風が吹き、暴風警報が発令する可能性があるため、大事をとって前日に中止・延期になりました。延期は11月24日(日)です。13,14日はテスト期間を考慮し、オフにしました。しっかり勉強に取り組みましょう。
10月19日(土)ですが、ドーム多目的広場で練習を行いました。
10月27日(日)ですが、倉敷鷲羽高校Gで倉敷鷲羽と練習試合を行いました。
この日は、テスト明けで練習に来ていなかった人は、足をつったり動きが鈍い選手もいましたが、ボールをきちんとつなぎ自分たちのリズムでサッカーが比較的できました。来月からのリーグ戦を考えると、まだまだですが日々意識をもって取り組んでいきたいと思います。

RSKラジオに出ました!!

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年11月4日(月祝)、岡山の放送「RSKラジオ」の夕方の番組に出ました。

ユースが全国大会に行きますので、それにともなって、7分も取材してくださいました。嬉しいです。

音源を動画で撮っていますので、アクートのFacebookでご視聴ください。

竹原コーチ、難波くん、飯尾くんが取材を受けています。

 

放送されました!!

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

ついに放送されました!!

RSK山陽放送のイブニングニュースに!!

伊藤アナ、ありがとうございました。

結構放送時間が長かったですね。嬉しいです。

放送が見れなかった方は、アクートのFacebookページかInstagramに動画を掲載していますので、ご覧ください。

12月26日からつくば市で行われる「タウンクラブ選手権」全国大会、少しでも上にいけるように頑張って欲しいです。

 

10月8日(火曜) 本日放送!!18時15分〜

先月、アクートユースが中四国の街クラブの大会で優勝し、
12月につくばで開催されます「タウンクラブ選手権」の全国大会に出場します。

それに伴って少し前に、RSK山陽放送に取材していただきました。

そして、本日の夕方、放送されます!!!

イブニングニュースのスポーツコーナー
https://www.rsk.co.jp/news/evening/

ぜひ、ご覧ください。

良ければSNS等で、シェアしたり、告知していただけると嬉しいです。

伊藤アナウンサー談
皆さんの想いをエリアに届けられるようにします。
選手の皆さんにもお伝えいただけると嬉しいです!
よろしくお願い致します^^
伊藤 正弘

 

ユース Jユースカップ西日本大会9.15

NPO法人アクート岡山SCユース担当の竹原です。
2019年9月15日(日)ですが、Jユースカップ中四国予選で優勝したので、福岡県フットボールセンターで九州代表のONE.SOUL.C福岡と対戦しました。
マネージャーの岸田さんが、選手のみんなに勝利とけががないようにと手作りでお守りを作ってくれました。これにはみんな大喜びで感動しました。

この日は、夕方17時15分からのキックオフでしたので、昼から新幹線で移動しました。博多駅から地下鉄で福岡空港へ行き、そこからマイクロバスで会場まで移動しました。
会場の福岡県フットボールセンターは、玄界灘の海の近くにあり強風の影響がありました。
前半、風下で思うようにサッカーができず、相手と五分五分な状況が続きますが、風にも影響され思うようにプレーができません。30分に相手の逆サイドからのロングパスへ対応できずに失点し前半を終了します。
後半は、0-1で負けているので攻撃をしかけにいく予定が、相手がボールをまわしなかなか攻撃のチャンスが作れません。残り15分で前線の枚数を増やしゴールを奪えるように勝負にでます。すると、逆に82分に相手のコーナーキックからヘディングで決められ0-2とリードされ苦しい展開になります。残り8分で1点取り返しにまずはいきます。前線の枚数を増やしたことで少しずつ得点チャンスを作ります。86分に中島くんから松原くんにパスがつながりこれを決めて1-2と1点差にします。が、時すでに遅しで敗れてしまいました。
残念な結果に終わりましたが、12月の年末に街クラブの全国大会に初出場することになりましたので、そこで結果がでるように日々練習していきたいと思います。

山陽放送が取材に来てくれました!!

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年9月25日(水)は、ジュニアユース、ユースは岡山ドーム多目的広場で、ジュニアは岡山ドーム中で活動しました。

前日に、NHKと民法5局に、ユースが街クラブの全国大会に出場することが決まったので、取材に来て欲しいと連絡したところ、山陽放送が「明日、行きます」と連絡をいただいて、取材に来てくれました。

伊藤アナが実際に練習に入って体験しながらお伝えするコーナーだそうです。

普段の練習とはまた違った雰囲気の中で2時間の取材が終わりました。

いつ放送するかはまだわかりませんが、2分30秒のコーナーのようで、けっこう映ります。

また決まったら連絡しますので、ぜひライブ&録画でご覧ください。

ユース創部10年で初の全国大会出場で、そんなにないことなので、

他のTV局も取材に来ていただけないかと、首を長くして待っています・・・

ユース練習 9月23日

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年9月23日(月祝)のユースの練習は、午後から岡山ドーム多目的広場で行いました。

13時から開始して、30分アップ、13時30分から力を均等に2チームに分けて、20分3本、15分1本で、勝敗をかけて試合をしました。

12月の全国大会に向けて、良い雰囲気での活動が続いています。

マネージャーが良い写真を取ってくれたので、掲載しておきます。

ユース Jユースカップ中四国予選優勝🏆

NPO法人アクート岡山SCユース担当の竹原です。
2019年7月27日(土)~9月1日(日)まで、バイエルンツネイシ、ブリロ東広島、アクート岡山、FC今治の4チームでJユースカップ中四国予選のリーグ戦を行いました。
7月27日(土)に開幕し初戦は、ツネイシフィールドでブリロ東広島と対戦しました。
初戦を勝利できるかどうかは、その後のリーグ戦の試合運びに大きく影響してきます。
立ち上がりは多少緊張していたようにもみえましたが、落ち着いてプレーし危険なシーンもなくまずまずで、その後も一進一退の攻防が続きますが前半26分に不用意な反則からFKを与え、ミドルレンジからのFKをバックヘッドで合わせられ先制されます。後半も一進一退の攻防で得点が奪えず0-1と惜敗しました。
初戦を落としてしましたが、次のバイエルンツネイシ戦に向けて気持ちを切り替えていくだけです。

8月11日(日)第2戦は、政田サッカー場でバイエルンツネイシと対戦しました。前回のクラブ選手権では0-3で敗れています。それに初戦負けたことにより絶対に勝たないと優勝の道は途絶えてしまいます。
初戦の敗戦でチームが本当の意味でまとまったと思います。敗戦後いい準備ができて試合に望むことができました。
立ち上がりから集中し勝ちたい気持ちが伝わってきます。自分たちのペースで試合運びができると7分に棗田くんからのパスを松原くんがゴールを決め先制します。その後も18分に追加点を奪い、いい流れが続きますが33分に失点し1-2で前半を折り返します。
後半1点差という緊張感の中始まりましたが、50分に追加点を取るとそこから怒涛のような攻撃が続き、終わってみれば6-1と快勝しました。久々の快進撃の試合でした。得点を奪っても最後まで集中した結果だと思います。この得点があとの第3戦に繋がりました。

9月1日(日)最終戦は、政田サッカー場で首位のFC今治と対戦しました。
FC今治は、言わずと知れた元日本代表監督だった岡田さんがオーナーをするチームでトップはJ3を目指しています。(現時点でJFL2位)
今年からユースも立ち上がり1年だけのチームですが、2連勝中という強敵です。2点差以上で勝利しないと1位になれないという苦しい状況での試合になりました。
前半始めから相手にボールを完全に支配され、9割がた押され防戦一方で守ることで精一杯の状況でGK田渕くんDF中島くんを中心になんとか耐えゴールを割られません。相手に9本シュートを打たれましたが無失点で前半を終えます。
後半も前半同様ピンチの連続でしたが決定的なチャンスも相手のミスでなんとか無失点が続きます。まったくチャンスがないなか73分にFW松原くんのドリブルから最後はやわらかいシュートで待望の先制点を決めます。先制点後も相手ペースは変わらずで守備の時間が続きます。77分に相手の縦へのロングボールから10番の選手にダイレクトでシュートをうたれGK田渕くんがはじくもその選手に再びボールが戻りシュートを決められ同点に追いつかれます。
今までだとここから崩れていきますが、この日は違ってここから頑張りますが、やはり攻撃はさせてもらえずは変わらずで守備に時間が取れます。このまま1-1で引き分けかと思われた90分にMF西原くんからFW松原くんへ絶妙なスルーパスが通り、それを落ち着いてゴールを決め2-1と逆転します。アディショナルタイム3分です。そして、相手のキックオフ直後下げたボールをFW河野くんが相手のトラップした瞬間を狙いボールを奪い、そのままドリブルシュートでゴールを決め3-1とします。まだ、試合終了のホイッスルは鳴りません。アディショナル3分台に突入していますがまだ試合が終わらず、ドキドキ感が続きます。そして、相手のコーナーキックでピンチをむかえます。が、最後はゴール前で混戦になりながらもゴールを守りますが、相手にシュートを打たれますがそれが外れたところで試合終了になり、見事勝利をおさめ優勝し、歓喜の渦に包まれました。2点差以上の勝利でなおかつ9割相手チームに押されるなか勝利し優勝したことは、指導者を長くしていますが、初めての経験でとても感動しました。選手のみなさんには感謝しかありません。
この経験を活かし、中四国代表として9月15日に行われる西日本大会に向けて、さらに頑張りたいと思います。
また、12月26日(木)~29日(日)に開催されます第3回タウンクラブカップ全国大会の出場も決めました。
これからも、アクート岡山ユースの活動にご支援とご協力の程、よろしくお願いします。

初のフットサルクリニック 

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年9月8日(日)は、岡山ドームで、初の「フットサルクリニック」を開催しました。

講師は、私の中学校の時の教え子でもある「柴田祐輔」選手。

現在もF2のプロのフットサル選手。

彼は、牛窓中学校サッカー部出身。
その後、東岡山工業高校へ。
レギュラーにはなったが、新人戦でベスト4止まり・・・

就職して友達にフットサルを誘われて、スタート。
岡山県の代表になり、人の出会いと縁でフットサルリーガを目指す道に。

岡山県で初のフットサルリーガになりました。

現在、岡山県で活躍する選手はF1、F2でも彼一人。

そんな彼と縁が繋がっていて、今回の企画になりました。

午前中
小2以下、70分。
小3以上、70分。

午後から
ジュニアユース、90分。
ユース、90分。

フットサルの練習でサッカーに生きる要素が色々あり、練習に生かしていきたいです。

次回は、来年3月の予定です。