サッカーの上手いと下手はこうしてばれる

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年3月30日(月) 岡山ドーム多目的広場にて
ジュニアスクール、ジュニアユース、ユースが活動。

久々に大きく使えたので、ジュニアユースはゲームを中心にトレーニングしました。

今日は題名にある

動画「サッカーの上手いと下手はこうしてばれる」

とてもわかりやすく解説してくれています。↑↑↑

いくら技術があっても、いくらリフティングができても、いくら能力があっても、このことが理解する力がないと、サッカーは伸びないんです。

僕らコーチはそこを見ています。

自分の視点でしか物事を考えれない、見れない選手は、大成しないんです。

サッカーも仕事も人生も同じ。

道具、片付け、段取り、周りを見る、全体を見て動く・・・

サッカー以前の問題だと、いつも口を酸っぱく言っています。

サッカーを通して上達するということは、いつも言っているように、視点を上げて、「全体を見れる力」=「俯瞰(ふかん)する力」=「IQ」をあげることです。

その力がサッカーで向上できれば、サッカーも人生も豊かになる。

3月28日土曜 29日日曜

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年3月28日土曜 岡山ドーム
3月29日日曜 岡山ドーム

土曜は、ジュニアユース、ユース共に、17時から岡山ドーム中で活動

日曜は、ジュニアユースのみ、9時から岡山ドーム中で活動

岡山ドームですが、周りの全てのガラスドアを開けて、換気をよくしています。

思ったより、密閉されていないので、大丈夫かと思います。
(市役所が対策をうち、使用禁止にしていないようです)

久々にドームから以前使用していた土のグラウンドに出ました。

すっかり工事が進んでいて、あの大きなポプラの木も倒されていました。

ここで14年間、アクートが創立した時から、歴史が作られてきた場所。

最初は草がたくさん生えていて、砂利も多く、数年グラウンド状態が良くなかった。

たくさんのトンボを逢沢君のお父さんの会社で制作して、寄付してくれて、おかげで、公式戦をこなしても大丈夫なグラウンドになりました。

雨が降ると水たまりができるので、スポンジで水を取ったりしていたなー・・・

しみじみと思い出しました。

この場所は、芝生広場になり、グラウンドの真ん中に管理棟もできて、さらに様変わりするようです。

新規審判講習会 

アクートジュニアユースの皆さんに送信しています。

4/19(日)の審判講習会が、5/10(日)に延期になりました。

岡山県サッカー協会のHPで確認ください。

岡山県サッカー教会 審判委員会

 

・新中1の選手

・新高校1年生の選手

・未だ審判の免許をとっていない選手

は、新規講習となります。

新中1の皆さんは、中1リーグの副審は選手で行うようになっていますので、取得お願いします。

申し込みは、上のサイトから申し込んでください。
やり方がわからない場合は、岡山県サッカー協会に電話すると、優しく教えてくれます。

S4級 2020年5月10日(日) ライフパーク倉敷 1/14~4/22 9:10~ 9:30~16:30

S4級 2020年6月6日(土) ライフパーク倉敷 1/14~5/19 9:10~ 9:30~16:30 500名 〒712-8046 倉敷市福田町古新田940

S4級 2020年6月7日(日) 津山市総合福祉会館 1/20~5/20 9:10~ 9:30~16:30 150名 〒708-0004 津山市山北520

S4級 2020年7月11日(土) 西ふれあいセンター 3/18~6/23 9:10~ 9:30~16:30 190名 〒701-0205 岡山市南区妹尾880-1

勉強とサッカーの両立は重要:静岡学園

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

今年高校サッカー選手権で優勝した「静岡学園」の監督がコメントしている記事が、まさにアクートの方向性と同じだと思いました。

この記事、読んでください。

今、目の前でやるべきことをやる集中力、忍耐力、自制心、自立心は、サッカーに十分発揮します。

サッカーは一生懸命でも、やるべき勉強ができていないと、サッカーの試合でもそれはあらわれるということですね。

以前の静岡学園と違うなーと感じたそれがこの記事でした。

高校サッカー日本一の静学・川口修監督に聞く、劣勢を跳ね返すのに必要な「頭を整理する力」を身につける指導

 

2020年3月26日木曜 

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年3月26日(木) 岡山ドーム多目的広場

今日は、2/3のグラウンドを利用して、ジュニア、ジュニアユース、ユースの3カテゴリーが練習しました。

ジュニアも新しく数人入団。

ジュニアユースもまた一人入団。

ユースも体験にきた2人が入団希望。

と新しい仲間が増えています。

どのカテゴリーも入団歓迎していますので、気軽に体験にお越しください。

活動再開 2日目

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年3月25日(水) 岡山ドーム多目的広場

活動再開して2日目ですが、ジュニア、ジュニアユース、ユースと、どのカテゴリーも参加者が多く、活気に溢れていました。

東京の感染状況が気になりますが、様子を見ながら活動を続けていきたいと思います。

最後まで諦めない

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

サッカーは最後の笛が鳴るまで、どうなるかわからないスポーツ。

超一流の選手たちが、最後まで諦めず戦う姿に感動と興奮し、歴史として語り継がれる試合となる。

そんな代表する試合を掲載しておきます。

諦めそうになった時、この動画を見て、気持ちをふるい立たせよう。

2019年CL アンフィールドの奇跡 バルセロナVSリヴァプール

2017年CL カンプノウの奇跡 バルセロナVSパリサンジェルマン

2005年CL イスタンブールの奇跡 A CミランVSリヴァプール

 

久々の活動再開

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年3月23日(月)岡山ドーム多目的広場

新型コロナウィルスの影響で、3月1日から活動自粛が続いていました。

先週カテゴリー代表者会議で相談した結果、条件付きで、3月23日(月)から活動再開することが決まり、久々の練習日となりました。

ジュニアのカテゴリーは、岡山県としては統一感がなく、各団体の判断に委ねられています。
周りの状況、4月から新入団体験の機会の提供など、外での活動を条件に活動再開しました。

想定以上にたくさんの子供たちが集まり、元気にボールを蹴っていました。

ジュニアユースも条件付き再開となりました。
岡山県の部活動は活動自粛が出ており、活動できないようです。
クラブチームも全て3月から2週間は活動自粛していましたが、先週から一部再開したチームもあり、ファジアーノのU15も活動再開の案内もあり、今週は強制的ではない家庭判断となりますが、スタート再開。

ほとんどの選手が来ていて、久々に盛り上がりました。

ユースは自主練習ということで活動再開しました。
岡山県の高校サッカー部が全て活動自粛の中で、岡山唯一のクラブチームのアクートユースですが、ファジアーノU18が活動再開し、それに合わせることと、公式戦が早くても4月末状況で焦る必要もないことから、自主練習ということでスタートしました。

ところが多くの高校生がきて、自分たちで練習を行い、ゲームまで2時間活動しました。
高校生ともなると、自主的な判断・行動の意識が高いので、頼もしく見えます。

久々の活動再開に、活気のあふれる練習風景でした。

岡山から初の感染者が出て、感染爆発の懸念も今後予想され、Jリーグ再開はまたまた延期し、オリンピックも延期。

今後の大会(公式戦)もいつからスタートするか、判断の難しい状況となっています。

東京や大阪の大都市で感染爆発が起きると、ロックダウン(都市封鎖)すると予選すらできない状況がおき、全国大会につながる大会は代表が決めれないので、開催すら危うい感じがします。

スペインリーグに至っては、無期限の延期で、政府が安全を確認できるまで続くそうです。

そうなると、来年3月に予定していました、スペイン遠征は延期になります。
スペインの現状を見て、判断せざる得ない状況です。
申し込みの方が数名いましたが、延期になりますので、ご理解ください。
オリンピックが来年8月となると、それに合わせて、来年8月の可能性になると予想されます。

GKスクールも週末から再開となりました。

中3・高3 交流戦(お別れ試合)

アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2020年3月20日(金祝) 岡山ドーム多目的広場

新型コロナウィルス問題で、開催が危ぶまれていましたが、いろんな状況を判断して、夜の打ち上げ会は閉鎖空間のために中止にしましたが、日中のサッカー交流戦は、行いました。

中3、高3と在団生の交流戦は、この日が最後となります。

参加の是非は各家庭の判断にお任せしましたが、それでもいつものようにほとんどの選手が集まってくれて、2時間の交流戦は大いに盛り上がりました。

高校生は、高3中心と高2高1と2チームに別れて交流戦を行いました。

しばらく、受験で来れなかった選手も何人もきて、懐かしい顔ぶれが集まり、良い交流時間でした。

中学生は中3、中2、中1と3チームに別れて、ずっと回しました。
中2、中1がたくましく成長している姿を中3の選手も感じたのではないかと思います。

中3は11人全員が希望進路に進めたようで、勉強とサッカーの両立がしっかりできたということだと思います。

サッカーと勉強を両立した、とても良いお手本になったのではないかと思います。

あっという間に交流戦の時間は過ぎ・・・

最後それぞれのカテゴリーで締めの会をして終了しました。

高校3年生は次なる進路に進む選手もいれば、社会人になる選手もいます。

来年春からアクートの社会人がスタートするので、ぜひ夢の続きを一緒にできれば嬉しいですね。

中3の選手は11人中3人がユースに上がることが決まっています。

あとの8人はそれぞれの高校の部活でサッカーをするようですが、もしいろんなことがあり、サッカーを続けれないことが起きたら、ユースで迎え入れます。

それまではアクートで頑張った3年間を誇りに、それぞれ活躍してほしいと思います。

風はとても強い日でしたが、雲ひとつない青い空の中、爽やかな交流戦となりました。

ユース写真  (下にジュニアユース写真)

ジュニアユース写真

追加写真

 

来週23日(月)からの活動について

アクート岡山サッカークラブの皆さんに送信しています。

 

新型コロナウィルス感染が世界規模で拡大が続いています。

 

感染拡大(クラスター感染)を防ぐために気を付ける3つ「密閉空間」「多くの人が密集」「近距離」が懸念されていますが、

・サッカーの活動は外であること

・岡山は現在、感染者が0であること

・大規模集団ではないこと。

などの現状と、市役所は岡山ドームと多目的広場を使用禁止していない状況。

以上を踏まえまして、

3月23日月曜からの活動を「家庭判断&条件付き」で再開しようと思います。(時間と場所はカレンダーで確認ください)

 

●ジュニア:多目的グラウンドで、家庭の判断により、23日(月)より活動再開。

●ジュニアユース:多目的グラウンドで、家庭の判断により、23日(月)より活動再開。(春の遠征はなくなりました)

 

●ユース:多目的グラウンドで23日(月)より、自主練習にて各家庭の判断でスタートしながら様子をみていこうと思います。
(春の遠征は対戦相手の状況などにより中止になる場合があります。)

 

●社会人:26日(木)から活動再開。

 

ただし・・・

 1:参加させるかどうかの判断は、各家庭の判断にお任せします。

 2:選手の風邪の症状、咳、熱等がある場合は参加を控えてください。

 3:政府が外出禁止要請が出ましたら、中止となります。

 4:感染の状況によって中止になることもあります。

 

状況を注視しながら、判断していかなくてはなりません。

 

急な展開になる可能性もありますので、変更の場合はメールかブログで連絡いたします。

 

カレンダーの方も、随時チェックお願いします。

 

感染の広がりが縮小し、「完全活動再開宣言」を出せる日が一日も早く来ることを祈っています。

 

代表 秋田 稔