今週の練習 2/18.20.21 

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年2月18日月曜は大野小学校ナイター練習、20水曜、21木曜は、岡山ドームスポーツ広場で活動しました。

アクート岡山サッカークラブは、毎月1回カテゴリー代表者会議、毎月1回指導者研究会、毎月1回ホームページ会議を行なっています。

今年度のや展望について、進み具合を見ながら、実現可能なできることから実行し、大きな目標に向かって着々と積み上げていっています。

例えば、2018年度は下記の項目を達成しました。

2018年のアクートの達成項目                                                                                     
1:ジュニア全体で20名増  広告効果↑  ブログ掲載↑     
2:ジュニアユース/2チームエントリーの運営と強化
3:新高校1年生入団選手11名オーバー○↑                                                  
4:2019年夏、アクート初のスペイン留学のスタートにむけての準備の1年                   
5:HP/ブログ充実/広告からの絶対的地位の確率                                                     
6:コーチスタッフの充実と拡大                                              
7:GKスクール2018年9月開講  

2019年度もたくさんの達成目標を掲げて、成長し続けるよう、みんなで取り組んでいます。

ジュニアの様子は、インスタグラムを中心に、活動の様子を配信しています。


スペインの短期留学の募集を開始します。
詳細はトップページにて確認ください。
締め切りは、3月3日です。現在2名が確定しています。
秋田まで申し込みください。

2/13.14の練習

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年2月13日水曜日、14日木曜日は岡山ドームスポーツ広場北側グラウンドで練習しました。

人数が揃い始めたので、ユースとジュニアユースに別れて練習しました。

13日水曜日は、ジュニアユースのフィールドとGKに、新中1の選手が一人ずつ体験に来てくれました。

体験はいつでも受け付けていますので、気軽にお越しください。

ジュニアユースはさらなる進化をとげるよう、新しい試みをこれから加えていく予定です。

・ポゼッション率のアップ

ハイプレス&マンツーマン&コンパクトサッカーは、意識しなくても、みんなできるようになった。
体が自動で動くまできた。

狭いところのパスを通す技術は、これまでのアクートの中では一番だと思う。
徹底して練習しているので、普通にできるようになってきた。
また抜きスルーパスやまた抜きパスも普通に狙える。

そこからボールを失わないチームの時間をもっと増やしたい。
それに向けてトレーニングを変えながら、自動化するところまで持っていきたい。

このメッシの動画、すごい!
https://www.football-zone.net/archives/169384/2

それに続いて、サラーのこの動画もすごい!
http://news.livedoor.com/article/detail/15999461/

ぜひ遊びでやってみたいね。

そして、この記事も面白い!
プレスから技術の時代へ

アクートの未来が書かれているように感じました。
プレスの厳しい練習から、技術が向上しているのは事実です。

2/6水曜の練習

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年2月6日水曜日の練習は、岡山ドームスポーツ広場北側グラウンドで練習をしました。

4月から岡山ドームの東側の新グラウンドに練習場所が変わります。

ジュニアユースは、時間は17時30分〜19時30分の活動時間に変更する予定です。

17時30分スタートになると、ほぼ選手がそろって活動スタートできますので、理想の形となります。

ユースは、選手と相談の上、開始時間を決定する流れです。

またナイター設備が完備されていますので、冬季期間は日没が17時の頃は、簡易照明設備を出して練習をしていましたが、それも必要なくなり、とても明るい環境で1年中活動できます。

予約の関係で、17時から21時までグラウンドは予約していますので、早く来ての自主練習も可能ですし、練習終了後は21時までナイターもついていますので、FKやシュート練習など、各自自主練習も可能となります。

何かと選択肢が増えますので、チームにとっても選手にとっても、良い環境が整います。

最新FIFAランキングで、日本はかなり順位をあげましたね。

27位です。
このランキングは2002年の日韓W杯の頃と似ています。
過去最高ランキングは、現行の算出方式では2013年の13位のようです。

それにしても人口が違うので、もっと上がっていいはずと思います。

1位:ベルギー 1135万人
2位:フランス 6712万人
3位:ブラジル 2億人
4位:クロアチア 415万人
5位:イングランド 5479万人
6位:ポルトガル 1031万人
7位:ウルグアイ 345万人
8位:スイス 842万人
9位:スペイン 4657万人
10位:デンマーク 577万人

27位:日本 1.2億人

この夕日が見えるのもあと2ヶ月となりました。
残しておきたい写真です。

1/28の練習

N P O法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年1月28日月曜の練習は、岡山ドームスポーツ広場北側グラウンドで行いました。

ユースは風邪もあって、人数が少ないので、ジュニアユースと合同で練習しました。

狭いところで、障害が多いところでのパスワークの技術は試合でとても役に立ちます。

特にゴール前は相手のDFの人数も多く、狭いところを正確な技術で崩さないといけない。
昨日カタールVS U A Eの試合を見ていましたが、どちらもパスの距離が長く、ゴール前の狭い崩しがなく、スピードと速攻とクロスボールやハイボールで得点にせまるシーンばかりでした。

その点、日本はゴール前の狭いスペースを崩すことが今の代表はできるので、決勝は頼もしいですね。

サッカーのコートはとても広いのですが、試合になると意外とコンパクトなシーンが多くなります。

最近、リーガよりもプレミアリーグを見る機会が増えています。
というのも、プレミアリーグの上位チームは、さらなる進化をとげて、しのぎを削っています。

ずっと前のプレミアリーグはロングボールが主体でしたが、グラウディオラがシティの監督をし出してから、かなり先端のサッカーが繰り広げれらているように思います。

マンチェスターシティをどう崩すかが、チェルシー、アーセナル、トッテナム、リバプールなど、とても面白い戦いを繰り広げられています。
注目のカードが満載です。
狭いゴール前を崩そうとアイデアを絞っている感じがします。

ジュニアユースは春の遠征、「ガンバカップ」への出場が決まりました。
強豪がひしめき合う大会で、1勝できるだろうか・・・そんなチームばかりで、どこまで戦えるか楽しみです。


ユース2019年1月練習試合など

NPO法人アクート岡山SCユース担当の竹原です。
いよいよ2019年新年を迎えました。
今年もよろしくお願いします。
2019年1月5日(日)ですが、岡山ドームスポーツ広場で金光学園と練習試合を行いました。
正月明けの試合ということもあり、試合勘が鈍っていたような感じでした。これから少しずつ練習でしっかりと体を動かし、サッカー感が戻ればと思います。

1月12日(土)ですが、お休みでしたので毎年恒例の白峯神宮に初詣とアクート岡山の祈願をしてきました。
今年のジュニアユースクラブ選手権中国大会出場とユースのJユースカップ中国大会優勝を楽しみにしています。

1月19日(土)ですが、岡山理科大学笹が瀬グラウンドで岡山理科大学附属と練習試合を行いました。
この日は、何十年ぶりにインフルエンザでダウンしていましたので、舩越・斎藤コーチにお願いをしました。試合の方は、攻撃はまずまずのようでしたが、守備ではまだ不安定な所がありようです。
1月27日(日)ですが、倉敷古城池高校Gで倉敷古城池と練習試合を行いました。
この日は欠席が多く1年が主流で試合を行いましたが、試合には勝てなかったものの1年の成長がすごくこれからの活躍が益々期待できそうです。1年2年と相乗効果が出て成長してくれることを楽しみにしています。

ユース2018年12月23日練習試合

NPO法人アクート岡山SCユース担当の竹原です。
2018年12月23日(日)ですが、神戸小野浜公園球技場で神戸FCと練習試合を行いました。
昨年からこの時期に試合を行い定期交流戦になりつつあります。
この日は、前日の雨の影響でグラウンドコンディションが悪い中での試合になりましたが、1本目は自分たちのサッカーができまずまずの試合でした。
2本目以降は守備に課題があり、1VS1での個人の守備戦術をきちんとしていくことが課題になりました。



2019年1月23日 水曜の練習

N P O法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年1月23日水曜の練習は、岡山ドームスポーツ広場北側グラウンドで行いました。

インフルエンザが流行っているせいか、中学生も高校生も欠席者が多く、合同練習にしました。

このナイター設備を使って活動するのも、あと2ヶ月。

そしてアクートが創部して14年の月日が流れましたが、このグラウンドでの活動もあと2ヶ月。

4月からは岡山ドーム東側の新しいグラウンドに活動場所が変更します。


14年前、このグラウンドは、使用頻度が少ないためか、土のグラウンドというよりは、砂利の混ざった、こけると痛いグラウンドでした。

トンボも1つか2つしかなく、数年経ってから、クラブの保護者の逢沢工業さんから20本近く、トンボを寄付してもらったおかげで、毎日しっかりグラウンド整備ができ、使いやすいグラウンドに変わっていきました。

またゴールネットも破れたのしかなく、4つの大人ゴールのネットは全てアクートで購入して設置しました。

コートを2面取るのも、アクートでポイントを打ち込んで使用し始めたことで、いろんなチームが使用できるようになったり、公式戦のグラウンドとして活用するようになったりして、現在に至っています。

夏になると、北側は草が生え、練習の終わりに抜く作業をみんなでやっていたのが懐かしいです。

使えば使うほど、良いグラウンドになってきたのですが、その場所もこの3月末で大規模な公園に改造するために、使用できなくなります。

大人用コート2面がちゃんと取れるグラウンドが岡山市の中心部にあるので、とても便利でしたが、残念です。

新しいグラウンドは大人用コート1面と半コートのアップスペースが取れるコートです。

現在のように2面取れることはありませんが、ナイター設備も完備しているので、夏の暑い時期はナイターの試合や練習試合をするのもいいかもしれません。

現在使っている簡易照明は必要なくなりますが、新しい活動場所が増設されるときに必要かもしれないので、保管しておきます。

この風景もあと2ヶ月・・・名残惜しいです。

大野小ナイター練習 1/21

N P O法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2019年1月21日月曜は、大野小学校でナイター練習でした。

月に2回だけナイター練習を取っています。日が長くなると、ドーム横のグラウンドで行いますので、日が短くなってくる間だけです。

この4月から新グラウンドでの活動がスタートするので、ナイター設備もあ流ので、月2回の大野小学校ナイターをどうするか、今後検討です。

ユースは西田コーチが、ジュニアユースは秋田が練習して、残り1時間は全面を使ってゲームです。

2月に行われるチャレンジカップですが、ファジアーノ岡山が出場を辞退したために、決勝トーナメントが代表決定リーグ戦に変更になりました。

2019年1月21日月曜 大野小学校ナイター練習 活動の様子1
2019年1月21日月曜 大野小学校ナイター練習 活動の様子2
2019年1月21日月曜 大野小学校ナイター練習 活動の様子3
2019年1月21日月曜 大野小学校ナイター練習 活動の様子4

ユース:1/19の練習試合

N P O法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の舩越です。

2019年1月19日(土)は、インフルエンザになってしまった竹原コーチの代わりでユースの練習試合に帯同しました。


相手は岡山理科大学附属高校でした。相手の人数の関係で30分×3本のゲームでした。


ユースの試合に帯同するのは今年度初めてで普段見ているジュニアユースとはスピードや球際の激しさなどが1段と高いなと改めて思いました。


ユースは来シーズンの県リーグやクラブユース選手権などの大会に向けて、このオフシーズンにどれだけチームとしてレベルアップ出来るかが重要です。


日々の練習でどこまで試合を想定しながらプレー出来るかが上達に繋がると思います。

※写真は撮影し忘れました。ご了承ください。

中3の皆さんからいただきました!テント!!

N P O法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2018年1月9日水曜の練習

ジュニア:岡山ドーム中 体験の子供が数人参加していました。

ジュニアユースとユース:岡山ドーム外のスポーツ広場北側グラウンド

ジュニアが人数が増えましたので、今季は中高生は極力、外のグラウンドで照明をつけて練習しています。

高校生も人数が増えているので、練習はそれぞれに分かれてやっています。

中3の皆さんから写真のテントを寄付くださいました。

壊れにくいコールマンのテントです。

夏の活動にとても活躍します。ありがとうございます。

中3の皆さんからいただきました。①
中3の皆さんからいただきました。②