2017年5月6日(土)クラブユースサッカー選手権大会予選リーグ第4戦

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

5月6日は、灘崎総合公園人工芝でJフィールド津山と戦いました。

新人戦が0−1で惜しくも敗戦していたのと、勝てば中国選手権(D2)にいけるチャンスがあったので、万全の準備で挑みました。

前半10分でカウンターから失点しましたが、5分後に岩崎くんの中央からのドリブル突破で同点。前半終了間際に、ミドルシュートをいれられ、1−2で折り返す。

セゾン戦と同様に、FKからの失点で気持ちが切れ、5失点。
1−6で敗れました。

岡山の強豪クラブは、ジュニアに選手コースを持っていて、その子達がそのまま上に上がってくるので、阿吽でボールを回すし、技術もしっかりしている。

アクートジュニアはスクールしかしていないので、中1から初めて顔を合わせてチームがスタートするので、個人差もあったり、コンビネーションの差がどうしても出ます。

中1スタートの時点でハンデがあるのをどう乗り越えて、アクートのサッカーの形を作るのかがポイントです。

チームの現状把握と、他のチームにはないコンセプトで、対抗することが必要です。

常にジャイアントキリングを狙う宿命を真摯に受け止め、新しいサッカーを模索していきたい。秋から掴みかけている守備を徹底していきたいですね。

5/7は予選リーグ最終戦のヒーロ備前との試合。新生アクートで戦います。(^^)

 

2017年5月6日(土)灘崎総合公園人工芝 クラブユースサッカー選手権大会予選リーグ VS Jフィールド津山

2017年5月5日(金祝)練習試合

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

今日は、岡山ドームスポーツ広場で、コラソン(高知県)と1日練習試合でした。

ジュニアユースのAチームは、南側で4本試合。
BとCチームは北側で交互に練習試合。
ユースは午後からコラソンのAチームと試合でした。

お互い1日中戦いましたが、高知の選手のタフさに感心しました。
へこたれない、負けない気持ちが、アクートより上で、高校生とやってももろともしない力強さは、同じ中学生として学ばないといけませんね。

ファールされたらすぐにアピールしがちなジュニアユースの選手も、少々ファールされても相手を引きずるぐらいのたくましさが必要です。

雨が降るかもと予想された今日ですが、今日も1日快晴で、暑さのあまり、持参していた飲み物がなくなる選手もいましたので、保護者の皆様はこれから多めに選手に飲み物を持たせるようにしてください。

2017年5月5日(金祝) 練習試合 BC VSコラソンBC 岡山ドームスポーツ広場
2017年5月5日(金祝) 練習試合 A VSコラソンA 岡山ドームスポーツ広場

新コーチ就任:大原コーチ

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

2017年4月30日から、ジュニアユースの部門に新コーチが就任しました。

秋田、篠原の出身大学のサッカー部の後輩にあたります。

アメリカにスポーツマネージメントを勉強に行った過去もあったり、英会話も習いにいったりと、グローバルな視点のコーチです。サッカーに、育成に熱いコーチです。

大原コーチ

大原広誉(おおはらひろよし)

1976年12月21日 O型

玉野市立宇野中学校 岡山県ベストイレブン

岡山県立玉野高校 岡山県国体選手

高知大学 天皇杯出場 総理大臣杯 全国大学選手権ベスト8

ビクトリー岡山コーチ(岡山県知的障害者サッカー)

現在、岡山県立岡山西支援学校勤務

2017年5月3、4日倉敷サッカーフェスティバル

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

5月3日と4日は、岡山ドームスポーツ広場2面を会場に、もう20年以上行われている倉敷招待サッカーフェスティバルの運営とBとCの2チームが出場して、練習試合をしました。

水島中学校の三宅先生が始めたフェスティバルですが、100チーム近いチームが集まって2日間交流戦を行います。僕も指導者となってから、20年近く参加させてもらっているフェスティバルで、毎年5月の連休に開催され、今年もこの季節がやって来たんだな〜と感じます。

Aチームが公式戦とかぶっているので、人数がギリギリだったり、足らなかったりと相手チームにはご迷惑をおかけしましたが、試合時間をずらしたり、入れ替えいたりして、なんとか対応しました。

新しいコーチの大原コーチや、大学生の船越くんが助っ人に、審判に高校生の大枝くんが助っ人に来てくれて、助かりました。

BからAに姜くんが選ばれたり、BとCでパフォーマンスの様子によって、選手が入れ替わったりと、熾烈なチーム内争いです。

2017年5月4日木祝 倉敷招待サッカーフェスティバルの様子 岡山ドームスポーツ広場①
2017年5月4日木祝 倉敷招待サッカーフェスティバルの様子 岡山ドームスポーツ広場②
2017年5月4日木祝 倉敷招待サッカーフェスティバルの様子 岡山ドームスポーツ広場③

2017年5月4日(木祝)クラブユースサッカー選手権予選リーグ第2戦

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

この日は、新見防災公園でクラブユースサッカー選手権大会の予選リーグ第2戦が行われました。岡山セゾンとの負けられない戦いでした。

前半は池野くんの突破からPKをもらい、1−0で折り返し、後半3失点して、1−3と敗戦。

前半から決定機が4回ほどありましたが、どれもGKに阻まれ、決まっていれば、2−0、3−0の展開になっていました。シュート数も10−6と上回っていただけに、残念な敗戦でした。

第1戦の鷲羽戦より、システムやポジションを変更して挑みましたので、攻撃にその成果は現れていましたが、この秋から取り組んでいる「守備」のほころびが後半出てしまいました。

「守備のレベルがスポーツのレベル」というように、岡山セゾンのほうがアグレッシブな守備で、小技を体ごと封じにくる守備は、アクートももっとやらないといけないと感じました。

中国大会への進出はこれで不可能になりましたが、リーグ3位になれば、中国選手権への出場をかけた戦いへとつながるので、5/6のJフィールド津山戦に勝てるように、5/5のコラソンとの練習試合でいろいろ試しながら、調整したいです。

2017年5月4日木祝
クラブユースサッカー選手権大会予選リーグ第2戦 VS岡山セゾン戦①
2017年5月4日木祝
クラブユースサッカー選手権大会予選リーグ第2戦 VS岡山セゾン戦②
2017年5月4日木祝
クラブユースサッカー選手権大会予選リーグ第2戦 VS岡山セゾン戦③

 

ジュニアユースについて

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

新年度がスタートして、1ヶ月が経ちました。
そろそろ中1の皆さんは部活かクラブチームかを決める頃と思います。

連休明けに、中1の選手が2名ほど入団予定です。
⭐️セレクション等はありません。
⭐️いつでも入団や移籍が可能です。
1学年20名は欲しいと思っていますので、どの学年もまだまだ入団可能です。

昨年は現中3に、移籍組が6名入団してきました。
他のクラブチームで1年活動したが、楽しくサッカーがしたいと退団してきた選手や、もっと上のレベルでやりたいと部活から移籍してきた選手、また学校にサッカー部がなく、1年間他のスポーツ部に入っていたけれど、やっぱりサッカーがしたいと入団してきた選手など・・・いろんなケースがあります。

5月連休あけて、そろそろサッカーをやりたい中学生のみなさん、いつでも受け入れ可能ですので、気軽に体験にお越しください。

2017年4月30日(日)の公式戦&交流戦

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

今日は新見防災公園の人工芝Gで日本クラブユースサッカー選手権大会の県予選Bグループの試合でした。

11時から試合なので、9時からBとCの紅白戦。こんな良い会場で試合をするのはいい経験ですね。Aチームは試合でよくやるんですが、BとCはなかなかできないので、やる気がでますね。

11時からは、井原JYSCと予選リーグの試合。
想定していたよりも多く点が取れて、11−0で勝ちました。
この試合から、新フォーメーションを取り入れての挑戦でしたが、この前の公式戦の試合での手応えがそのまま出ての大量得点でした。
次が楽しみです。やればやるほど、噛み合っていくのではと予想しています。

試合の後は交流戦。ウィルと5本ほどしましたが、ドリブルにやられ、BとCは1点も取れず・・・

こういううまくいかない時こそ、成長するチャンスなのに、なかなかそう考えれないところが中学生のレベルかもしれません。負けている時に、頭とハートにスイッチが入る・・・そんな選手になればと願っています。

2017年4月30日(日)VS井原 との公式戦。
2017年4月30日(日)VS井原 との公式戦。珍しく風が強く、サッカーのしにくい日でした。

2017年4月27日木曜日の練習

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

木曜日の練習は、ドリブルトレーニング、パス&コントロール、ボール2個ポゼッションゲーム、大ゲームです。

練習はAチームは高校生と、BCを僕がみています。ジュニアユースの監督がBCを見るというのは人数が多いとできないものですが、チームの底上げと、来年度の新チームに向けてのレベルアップには、とても大事なカテゴリーです。

Aチームは1つ上のカテゴリーとやることで、スピードや身体的能力が上の相手にどう対応するのか、とても良い練習になりますし、岡山には30チームほどのクラブチームがありますが、高校生と練習しているのは、アクートだけです。(^^)

ついこの前、ユースの竹原が東京で開催された街クラブの会議に行ってきましたが、その中で日本人全体の育成がうまくいっていないと、データが出ていました。それもワールドカップに出てくる国の中で最低の値だったそうで…

1つ上のカテゴリーと試合をするチームが少ないのが原因で、サッカー協会がすべてのカテゴリーで、強いチームは1つ上のカテゴリーにチームも個人も出場できるように、レギュレーションから大会から、変えていくそうです。

育成で知られているアスレチックビルバオも、どのカテゴリーも、1つ上の年代と試合を重ねて育成を図っています。

県や全国で上位にいくかどうかが育成になる時代から、1つ上のカテゴリーでどこまで戦えるかが重要な時代へと変わっていくようです。

そういう点でみると、アクートは中3でできる選手は、高校生の高円宮リーグに出場したりしているので、先駆けて取り組んでいます。

数年前ですが、中2でプリンスリーグで得点した選手がいましたので、岡山県のプリンスリーグ最年少得点記録を、アクートが持っています。(^^)

2017年4月28日木曜日の練習風景。

2017年4月26日水曜の練習

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

水曜は朝から雨が続いていたので、岡山ドームの中で練習でした。

ジュニアが月水木とドーム中を取っているので、雨が降った場合はBコートの半分を使って練習します。

フットサルコート1面ほどの練習のスペースをうまく工夫して練習をしたり、ゲームをしたりしています。

最後のゲームは7人組6チーム3試合を同じゴールとスペースで行うので、周りをみないとできないし、スペースを見つけないとできないし、正確なパスやドリブルの技術がないとできないゲームです。さらに条件をクリアーしないといけないので、自然と状況判断がそなわっていきます。

普通の試合よりも難しい環境でサッカーをすることで、普段の試合がとても簡単になります。そうやって10年以上良い選手が育ってきました。アクートジュニアユースを卒業した選手は、高校にいって多くの選手がレギュラーを獲得するのも、その積み重ねの結果だと思います。

 

2017年4月26日水曜の練習の様子。6色のゼッケンを着用して3試合が同じスペースで試合を行っています。いつもこの設定でゲームをしているので、ボールも人もぶつからないんです。

2017年4月24日(月)の練習

NPO法人アクート岡山サッカークラブジュニアユース担当の秋田です。

4月も後半にかかっていますが、夕方は少し肌寒くなるこの頃です。

今日の練習は、ドリブル突破練習(10種類ほどの条件をクリアーして)、ボール2個のポゼッション練習(パスの成功を個人カウントする)、ゲームです。

今週からジュニアユースは、学年ではなく、実力に合わせてAチームとユース、BとCチームと練習を分けました。

Aチームはユース担当の竹原コーチが、BとCは秋田が練習を担当し、さらなるレベルアップを図ります。

4月23日(日)は、新4級審判で中学生が受講し、社会人フットサルチームはフットサル審判受講と初の練習試合でした。またその様子はアップします。

2017年4月24日(月)の練習風景。