設立趣旨

わが国の少子化は年々進行し急速な高齢化を向かえています。地域での子どもの数も減り、集団で遊ぶ機会も少なく、社会性が育つ環境がなくなってきている状況です。

集団で遊ぶことが少なくなったことより、遊びの質も変化し、屋内型の一人遊びの増加が顕著に現れています。

この背景には、集団で遊ぶことが少なくなり、そこで我慢や感情のコントロールをトレーニングする場がなくなり、大脳の発達が遅れているという一説があります。

スポーツは集団で行うものから、個人的・対人的なものまで人との関わりを持ち、コミュニケーション能力を高め、さらには社会性を育てていくも のです。

異年齢との交流もあり、リーダー性、協調性を育てるといった面を持ち、幼児、児童の心身の発達に大きく貢献してくれます。

子どもの能力は無限大です。その能力にふたをしているのが、その子自身であったり、親であったり、社会であったり、環境であったりします。

『アクート』は子どもの持つ能力を引き出してあげられるよう、教え込む指導ではなく、子どもの未来を見て、その環境を与えることが根底にあります。

子どもの能力を導き出してあげることにより、夢を持った子どもの育成、その夢を実現するための手助けが出来ることを望んでいます。

わがクラブは、スポーツ環境の現実、潮流、方向性を認識し、地域スポーツの未来を思い描き、平成17年4月1日「任意団体・アクート岡山」を 創立しました。

地域での非営利民間活動組織として「サッカー」を主体としたスポーツ活動を通じ、公共施設を利用して、幼児・児童の人間形成を最重要課題とした、育成、普及、振興、強化活動を目的としていきます。

性別、年代に関わらず参加できるスポーツクラブの創設、育成が必要だと考えます。 また、大人と幼児・児童が共存したスポーツ・文化の社会的意義を認識し、その振興、基盤の整備、充実を図り、不特定多数のものの利益の増 進に寄与することは、国、地方公共団体のみならず、われわれ地域住民の主体的責務です。
しかし、任意団体として活動を継続した場合に、
クラブが営利企業
多額の資金移動
契約行為が個人
法的責任
が個人への可能性等の第三者からクラブ・個人に対して誤解、曲解が生じ、活動に支障をきたす可能性が生じてくるかもしれません。

確固たる地域スポーツ基盤を確立する意味においても、法にのっとった法人運営と情報公開により組織基盤が確立できる
法人名で契約行為の主体となれる
非営利任意団体として活動を継続するよりも社会的認知、社会的信用の増加が得られる、等を勘案しサスティナブル・クラブ(持続可能なクラブ)としての可能性を目指して、特定非営利法人の設立が急務となり、今般、特定非営利活動法人設立を決意するに至った次第で す。